教育目標・教育課程・日課表
● 教育目標
教育基本法と学校教育法に基づき、定時制教育の充実を図る。
1. 社会に主体的に対応できる能力を育成する。
2. 感性を磨き、思いやりの心を持った生徒を育成する。
3. 健康で、いかなる困難にも負けない体力を育成する。

● 目指す学校像
基礎学力を身につけ、社会で主体的かつ前向きに生きることのできる人材の育成

● 育成方針、活性化・特色化方針
   定時制(活性化・特色化方針)   定時制(育成方針)

● 越ヶ谷高校(定)グランドデザイン 
                        

 ● 日課表 

     日課表

   
 
● 教育課程
                            
                 ※選択2(29年度4年は簿記)
     
 平成30年度教育課程表


 

 

 平成31年度使用教科書の「選定に係る基本方針」

  本校は定時制の課程において、4年間の修業年限で教育課程を編成している。教育基

 法と学校教育法に基づき、定時制教育の充実を図るため、以下の3つを教育目標に掲

 いる。

 

 

   1 社会に主体的に対応できる能力を育成する。

 

   2 感性を磨き、思いやりの心を持った生徒を育成する。

 

   3 健康で、いかなる困難にも負けない体力を育成する。

 


  教科書選定においては、公正確保について万全を期した上で、教育目標を踏まえ、教

 書の十分な調査・研究を行う。その上で教科の主たる教材としての内容を具備し、教育

 有効
適切なもので、本校生徒にとって、基礎基本的内容の理解と基礎学力の定着が図れ
 も
のを選定することを基本方針とする。

     
     
平成31年度使用教科書一覧

お知らせ

埼玉県立越ヶ谷高等学校(定時制の課程)

「部活動に係る活動方針」

 

1 部活動の休養日の設定について

(1)  学期中は、週当たり2日以上の休養日を設定することを目安とする。

(2)  平日は少なくとも1日、土曜日及び日曜日は少なくとも1日以上を休養日とする。

週末に大会・練習試合の参加等で活動した場合には、1週間以内に休養日(活動しない日)を設けることとする。

(3)  祝日については、祝日の趣旨を踏まえて、できるだけ休養日とする。

 

2 部活動の活動時間について

(1)  実練習時間について平日は2時間程度、学校の休業日(長期休業を含む)は3時間程度(大会・練習試合等は含めない)を上限とする。

(2)  できるだけ短時間で、合理的でかつ効率的・効果的な活動とする。

(3)  22:30の完全下校の時間を守る。

 

3 休養日設定の振替について

(1)  休養日及び活動時間等の設定については、地域や学校の実態を踏まえた工夫する。

(2)  定期考査一週間前及び定期考査期間、入学者選抜等での臨時休業日、その他緊急時等で対応すべき日においては、原則として、部活動休養日として設定することができる。

(3)  週間、月間、年間単位での活動日数及び活動時間については、学校及び各部活動の実情に応じて調整できる。

 

4 その他

(1)  部活動顧問は、年間の活動計画並びに毎月の活動計画等を作成して、校長に提出する。

(2)  学校は、「学校の部活動に係る活動方針」は、学校のホームページに掲載する。

(3)  部活動顧問は、学校のホームページ、文書等で活動日及び活動時間を公表する。