単位制について

 単位制とは、所定の単位数を履修修得することによって卒業が認められるものです。学年制ではないのですが、本校では、学年制の学校と同じように3年間で卒業する指導をしています。

 また、単位制では、幅広い科目から自分の進路に適した科目を選び、自分の希望に応じた時間割をつくることができます。本校の生徒は、95%以上が四年制大学へ進学するので、志望する大学の受験科目や大学での勉強に役立つ科目、そして教養科目から選択することになります。科目によっては、少人数となったり、難易度の異なる科目を選択することで習熟度に応じたクラスとなることもあります。大学入試の科目や方法は多様化しているなか、生徒一人ひとりの進路希望の実現に役立つという利点があります。

 自分の進路希望に合わせた科目を選択するためには、自分の適性や将来を見据え、また大学入試をよく研究し、最適な科目選択をする必要があります。そのために本校は、シラバスを備え、ガイダンス機能を充実させて、生徒や保護者との面談などきめ細やかな指導をしています。

 

将来の進路希望に応じた科目選択

  • 5教科7科目を課す国公立大学や難関私立大学への現役合格を目指す。
  • 多様な受験科目に対応する科目選択が可能。
  • 私立大学など3科目受験に重点を置いた集中選択も可能。
  • 個々の学習状況に応じた科目選択(得意科目を伸ばす、苦手科目を克服する)

早期の目標設定

  • 1年次の4月期から始める進路学習と科目選択。
  • 部活動や学校行事との3両立を常に意識しながらの高校生活。
  • 担任や進路指導部員とのきめ細かな進路相談。
他校にない少人数
  • 平均27人/1クラス(2・3年次)