授業研究について


越ヶ谷高校では、「毎日の授業と家庭での自学自習が学力をつける!」と、全教員で授業の基本方針を共有し、教務部授業研究担当を中心として、授業力向上につながるプランやアクションを発信しています。


1 全生徒による授業評価

  • 本校の全講座が全生徒により一つずつ評価され、教員は個人票を受け取り授業力向上に活かします。教科は研究協議を行い、生徒へのフィードバックとして、授業評価コメントを提示します。これは、生徒と授業者(教科)が授業のねらいや目的を共有し、知識や力をつけるための学習方法などを改善することにも役立ちます。(各教科からのコメントは、このページをスクロールダウン  してください。)

2 授業研究週間と研究協議

  • 教科の枠を超えて相互に授業観察と研究を行います。また、年間で数人の授業者が授業を公開し、放課後に教科の枠を越えた研究協議(任意参加)を開催し研究を深めます。 

3 未来を拓く「学び」推進事業研究推進校

  • 本校から6名が研究推進委員となり、東京大学・大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)との連携により「協調学習」について研究しています。 

4 学校進学力パートナーシップ推進事業 推進校(平成26年度~28年度)

  • 本校は、推進校10校のひとつとなり、授業力向上プログラムと思考力向上プログラムが平行して進められている。前者は授業研究委員会が、後者は、図書視聴覚部、図書館、学年が連携して推進しています。
  • 授業力向上プログラムでは、授業研究委員会の中心業務である授業評価と授業研究週間をはじめ、学校間交流(越谷南高校、春日部女子高校と連携し授業見学、情報交換)、進路指導部が進める教科指導力向上研修(13名を予備校に派遣し、レポート作成し共有化)などをとおして、各教員が授業力を向上させ、生徒の学力向上に努めています。

5 次世代リーダー育成プログラム事業(平成29年度~33年度)

  • 本校は、1学年を対象にスタディサプリを導入している。生徒が授業の復習や確認として利用できるのと同時に、教員は生徒一人ひとりの学習状況を把握している。
= 具体的取り組み =

① 授業力の向上 〈授業研究委員会〉
・全生徒による授業評価(年1回)
・授業研究週間(年3回、5週間)
・授業力向上情報誌 
 OpenSesameの発行

② 家庭学習の充実 〈各教科・学年〉
例1
・英単語集、文法語法問題集
・多読英文を授業と平行して学習させ考査範囲とする
・数学問題集
・古文常識集
例2
・土日の学習時間を確保するために週末課題を設定
例3
・漢字・古文単語・英単語などの小テストを定期的に課す

③ 放課後の学習環境づくり 〈学校全体〉
・図書館・会議室・HR教室を自習室として19:00まで学習可能
・夏季休業中の自習室の提供(空調完備)
・職員室前の3つの多目的デスク(質問対応時や進路相談に活用)

平成30年度 授業評価 フィードバックコメント

 

国語

 

今回の授業評価から、本校の生徒が国語の授業に対して内容を理解して、授業内容についても概ね満足していることがわかりました。特に「生徒の質問にきちんと答えていたか」の項目について、全体平均点が4.14でした。これは教員と生徒でよくコミュニケーションがとられていて、充実した雰囲気で授業が行われているからだと予想されます。教員と生徒の人間関係や信頼関係は何より大切です。今後もお互いに刺激しあってよりよい授業を目指していきたいと思います。

 一方で、「この授業のために予習・復習を行ったか」という項目の全体平均点が2.97でした。この結果は今年だけに限ったことではなく、毎年点数が低い質問項目です。

生徒に対するアドバイスは次のとおりです。

「授業だけ真面目に受ければいいと思っていては、本当の力はつきません。授業の前に十分な準備ができていれば、知的な刺激はいくらでも入ってきます。その準備として必要なものの一つが、読書です。読書体験を多く持っている人ほど、言葉を理解する力(語彙力)に秀でています。そして、高い語彙力を持っている人ほど、物事を理解する力が高くなるのです。これは国語に限ったことではなく、読書はすべての教科について理解する能力を高めてくれます。ですから、ぜひ本をたくさん読んでください。」

今回の結果を受け、本校の国語科教員は、基礎力を伸ばすと同時に、興味・関心を引き出し、われわれを取りまく世界を的確に読み解く能力を養っていきたいと考えます。

 

数学

 

今回の授業評価アンケートの結果の中で特に気になったことは「この授業のために予習・復習を行ったか」という質問に対して「とてもそう思う」「ややそう思う」と答えた割合が、今年度も昨年度に引き続き40%台で、一昨年度前の53%より大幅に下がったままであるということです。高校の数学は中学校の数学に比べて、学習する内容が多い分、授業のペースが必然的に速くなります。授業の中で扱える問題数にも限りがあり、一問あたりに当てられる時間も短いと感じているのではないでしょうか。理解する前に次の授業を受け、さらに理解できないという負の連鎖を経験している生徒は多いと思います。数学を学ぶ上で大切なことは「忘れる前に復習すること」です。内容を理解していくためには授業で学んだことをそのつどそのつど復習して数学的な考え方を身に付け、次の内容に結び付けていかなくてはいけません。週末課題や考査課題がその補助になっていますので、提出日の数日前に一気に取り組むことは止め、毎日こつこつと取り組み数学的な考え方や数字そのものに慣れていくようにしましょう。また、数学は単元ごとに進んでいく教科ですので、過去に学んだ単元の内容を忘れないように週末の時間や模試を利用し、復習する習慣も大切にしましょう。

 

地歴公民

 

授業評価全体を見ると、「この授業のために予習・復習を行ったか」という項目は例年通り低く、「生徒の質問にきちんと答えていたか」という項目は例年に比較して高いという傾向が見られました。予習・復習をする生徒が少ないことに関しては、他の教科に比べ、授業で初めて触れる内容が多いためこのような結果になったのかと推測します。しかし、予習・復習で内容が定着することは間違いないですし、授業スピードが速い高校の地歴公民科の授業についていきやすくなることは間違いないので、予習・

復習をすることを薦めます。また、生徒の質問にきちんと答えることは、教員として当然のことですが、この項目が高いことは、生徒の理解のために丁寧に指導している甲斐があったと思います。今後も続けます。

 教科別項目については、「この授業は自分の進路実現に役立っていると思うか」と「この授業を受け、社会問題に対する関心は高まったか」を設定しましたが、いずれも、平均すると3.5ぐらいでした。学年別で見ると、いずれの項目も3年次生の回答は4に近く、進路実現や社会問題への興味関心の醸成に役立っているようなので、今後も生徒の進路実現にも役立ち、社会問題への興味関心を引き出せる授業をしていきます。対照的に、1・2年次生はいずれの項目も3年次生に比べるとやや低い数値になりました。3年次生と違って進路もまだ意識しておらず、選挙権を得ている生徒もいないため社会問題に対する関心も薄いのが要因ではないかと考えます。この数値がより高くなるような授業をしていきたいと考えています。

社会問題に関心を持つことは授業に関する興味関心につながり、それが授業の予習・復習につながり、それが自分自身の進路選択や進路実現にもつながります。生徒の皆さんも日頃からニュースをチェックして社会問題に対するアンテナを張っておくようにしてください。我々地歴公民科教員も、地歴公民科を面白いと思ってもらえるような授業を心がけます。

 

理科

 

2学期の授業評価では、設問「教え方がわかりやすく、内容は理解しやすかったか」の評価平均は3.92、設問「この授業に満足したか」の評価平均は3.94、設問「授業内容に興味を持てたか」の評価平均は3.81で比較的高い値となりました。一方、設問「この授業のために予習・復習を行ったか」の評価平均は2.88、設問「この授業を受け、あなたは将来、科学に携わりたいと思ったか」の評価平均は2.82で低い値となりました。この結果から、理科の学習は、教室の授業で完結してしまい、家庭学習の対象にあまりなっていないことが考えられます。また、「授業内容に興味を持てたか」という設問の評価が高かったのに対して、それが「予習・復習」や「科学との携わり」に繋がっていないことから、その場では面白いと感じることはあるが、表面的な興味で終わってしまっていると読み取れます。我々は、自然科学の本質的な理解や面白さ、生活や社会とのつながりを伝えるという面で改善が必要だと考え、今後の授業に取り組んでいきます。

自然科学の学びは、基礎基本をしっかり身につけることも大事です。高校理科が理解できていないと進学先の大学や専門学校で困ることもあります。しかし、高校理科で身につけて欲しいことは他にもあります。興味関心をもった内容について、自ら深く学ぼうとする主体的・探究的な学習態度や、教科書や授業の範囲を超えて学ぼうとする拡がりのある学習姿勢です。みなさんも、高校理科の学び方についてじっくり考えてみてください。我々は、そのような学びにつながる授業づくりをしていきます。

 

英語

 

2020年のオリンピック開催に向けて、Globalのキーワードは、度々目にするようになりました。また、今後の日本人労働人口減を見越し、国でも外国人労働者受け入れの規制を緩める動きを見せています。つまり、これからは日本国内においても、海外の人達とコミュニケーションを取りながら労働する機会が増えるということです。学生は、「読む・聞く・話す・書く」の英語運用力を身につけて社会に出ることが求められます。

国内の英語教育はその責任の大きな一端を担っており、学校現場においても英語教育法の改善が大きく期待されています。国際化に伴う英語教育改革のひとつとして、高校生にとって一番身近な英語の大学入試問題に関しても、報道されている通り大きな改革が行われることになります。

現在、英語の授業の位置づけは、英語を「理解」したうえで、自ら英語を使いこなす「技術」を習得する場であると認識を変えてきています。今回の授業評価アンケートでは、おおよそ8割の本校生が「授業内容の理解度」でプラスの結果が出ました(5段階の4ないし5)。しかし、英語の授業を「理解」の段階で留めていては、今後日本の国際化はもちろん、大学入試にさえも対応していくことができません。

本校の英語科では、授業を通しての英語力向上は生徒と教師との協同作業から生まれる相互作用により達成されるものだと考えています。双方の不断の努力が必要であり、それらのバランスが崩れたり、どちらかが欠けても英語力の向上は望めません。

本校英語科においては、今回のアンケート結果を個人レベルかつ教科レベルで分析し、それを今後の授業に生かしていくとともに、生徒たちが英語学習の目的を再認識し、生徒と教師のより効果的な協同作業による相乗効果が生まれるよう、より一層の授業内容の充実を図っていきます。その結果として、生徒たちが厳しい入試を乗り越えて卒業後の進路希望を実現し、さらに将来日本の国際化に大きく貢献していくことを期待しています。

 

芸術

 

授業評価ありがとうございました。授業に対する興味や意欲関心が高い生徒が多く、充実した授業ができたのではないかと思っています。 

今回の授業評価を音楽、美術、書道の各担当で検証し、以下に回答を述べます。

 

音楽

 

授業評価のアンケートありがとうございました。みなさん大変意欲的に授業に取り組んでくれました。“授業に満足したか”の項目では多くの人がそう感じてくれたことを担当者としてうれしく思います。

“予習・復習”については数値が低かったのですが、授業で鑑賞して気になった音楽については、自分でもネットなどで探して興味を広げていってほしいと思います。1、2年生のキーボードの課題は慣れない人にとってはかなり難しいものだったと思いますが、よく努力してくれました。機会がある人は、ぜひ自分でも取り組んでみてください。とくに2年生でおこなったコードの構造の理解は、音楽の楽しみ方を拡大する上でとても重要なものです。さらに理論的な質問など教えてほしいことがあれば、遠慮なくぜひ担当者まで来てください。音楽は、その背景(歴史・文化・人物・理論)を知れば知るほど、聴き方や感動も深まります。ぜひ授業の中でそのヒントをつかんでください。

 

美術

 

アンケートを拝見し、皆さんの評価を真摯に受け止めました。芸術選択の授業ということで意欲的な生徒が多く、高い評価を頂けたことを嬉しく思います。特に授業の満足度や興味を持てたかという項目については評価が非常に高く、有意義な授業ができたと思っております。これからも皆さんの授業に対する関心、意欲が向上するような工夫を研究し続けたいと思います。

今後も授業に臨む姿勢や本制作の前の試作品(エスキース)等も含めて、創作の準備から仕上げまで全てを観察しながら慎重に評価させていただこうと思います。困難な場面でも常に上機嫌で楽しみながら問題解決に取り組めることを期待しています。

 

書道

 

臨書に関してはおおむね円滑な授業を行うことができたと考えます。1学年で実施した「蘭亭序」全臨は、全員が腰をすえて行書に取り組み、書写能力を高める機会になりました。2学年で実施した篆刻は進度に差が出てしまうことを考慮し、手順を鳥瞰できる資料を用意しました。

評価の客観性を図るべく学期ごとのノート提出を義務付けていますが、きちんと取り組んでいる生徒のノートは現在の自身を投影した優れたポートフォリオとなっています。

 

体育

 

 男女別習授業を導入した結果、授業への満足度が高くなっているがわかりました。これからの授業も工夫・改善しながら皆さんの満足度がさらに高まる授業を展開できるように努めていきます。また、体育の授業で行う種目の中で得意な種目もあれば不得意な種目もあると思います。得意な種目では、積極的にリーダーシップを発揮してほしいと考えています。また、不得意な種目でも仲間と競い合い、協力し合いながら全力でやってみてください。必ずその種目の楽しさや魅力に触れることができると思います。 

 保健の授業についてはこれから皆さんが生活していく中で必要となる知識をたくさん学ぶことができます。心身ともに健康で充実した人生を送るためにも主体的に学習に取り組み、学んだ知識を最大限活かしていってほしいと思います。

    

家庭

 

家庭科で学ぶ内容はどこを切り取っても日常に役立たせることが出来る実学です。1年次の家庭基礎

では生徒の生活環境の差があり、学んだことを家庭で実践できる生徒にとっては実体験でき興味関心が

高められたようです。そうではない生徒にとっては、単に情報を与えられている感がありました。その

ような中、2学期は生徒達にとって関心の高い食生活の分野でした。健康の源である食の大切さを、食

品に含まれる栄養素の働きと共に学ぶことで、自己はもちろん家族の健康的な食生活のために活かして

もらえたらと思い授業しました。また食文化を意識できるような調理実習を実施し、多くの生徒に意識

を残せたようです。今後更に実験や体験的な学習を取り入れた授業内容の充実に努めていきたいと思い

ます。

3年次の選択科目である「フードデザイン」「子どもの発達と保育」は生徒が自ら学びたいと選択して

くれた科目であるところから、とても活発に授業を行うことが出来ました。私自身生徒から学ばせてもらえることが多々ありこの1年間に感謝いたします。

 

情報

 

 今回の授業評価の結果から、プログラミング、資格、情報モラルについての見直しを検討しようと思います。この3つは、これからの情報社会に必要なものであるのと同時に、特にプログラミングについては新学習指導要領で小学生から実施されることを考えると、皆さんの後輩は「ある程度できる」ことが前提になってくるものと考えられます。授業内で体系的、継続的にこの3つのテーマについて取り上げ、プログラミングができる、資格に挑戦する、情報にモラルについての理解がある人になってもらいたいと思います。資格については、パソコン検定やITパスポートなどを考えていますが、授業で取り上げるか、希望者に補習のような形式にするかなど、さらに検討の必要性があると思います。