授業研究について


越ヶ谷高校では、「毎日の授業と家庭での自学自習が学力をつける!」と、全教員で授業の基本方針を共有し、教務部授業研究担当を中心として、授業力向上につながるプランやアクションを発信しています。


1 全生徒による授業評価

  • 本校の全講座が全生徒により一つずつ評価され、教員は個人票を受け取り授業力向上に活かします。教科は研究協議を行い、生徒へのフィードバックとして、授業評価コメントを提示します。これは、生徒と授業者(教科)が授業のねらいや目的を共有し、知識や力をつけるための学習方法などを改善することにも役立ちます。(各教科からのコメントは、このページをスクロールダウン  してください。)

2 授業研究週間と研究協議

  • 教科の枠を超えて相互に授業観察と研究を行います。また、年間で数人の授業者が授業を公開し、放課後に教科の枠を越えた研究協議(任意参加)を開催し研究を深めます。 

3 未来を拓く「学び」プロジェクト研究推進校

  • 本校から6名が研究推進委員となり、東京大学・大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)との連携により「協調学習」について研究しています。 

4 学校進学力パートナーシップ推進事業 推進校(平成26年度~28年度)

  • 本校は、推進校10校のひとつとなり、授業力向上プログラムと思考力向上プログラムが平行して進められている。前者は授業研究委員会が、後者は、図書視聴覚部、図書館、学年が連携して推進しています。
  • 授業力向上プログラムでは、授業研究委員会の中心業務である授業評価と授業研究週間をはじめ、学校間交流(越谷南高校、春日部女子高校と連携し授業見学、情報交換)、進路指導部が進める教科指導力向上研修(13名を予備校に派遣し、レポート作成し共有化)などをとおして、各教員が授業力を向上させ、生徒の学力向上に努めています。

5 次世代リーダー育成プログラム事業(平成29年度~33年度)

  • 本校は、1学年を対象にスタディサプリを導入している。生徒が授業の復習や確認として利用できるのと同時に、教員は生徒一人ひとりの学習状況を把握している。
= 具体的取り組み =

① 授業力の向上 〈授業研究委員会〉
・全生徒による授業評価(年1回)
・授業研究週間(年3回、5週間)
・授業力向上情報誌 
 OpenSesameの発行

② 家庭学習の充実 〈各教科・学年〉
例1
・英単語集、文法語法問題集
・多読英文を授業と平行して学習させ考査範囲とする
・数学問題集
・古文常識集
例2
・土日の学習時間を確保するために週末課題を設定
例3
・漢字・古文単語・英単語などの小テストを定期的に課す

③ 放課後の学習環境づくり 〈学校全体〉
・図書館・会議室・HR教室を自習室として19:00まで学習可能
・夏季休業中の自習室の提供(空調完備)
・職員室前の3つの多目的デスク(質問対応時や進路相談に活用)

 

令和元年度 授業評価 フィードバックコメント

 

国語

 

今回の授業評価から、本校の生徒が国語の授業に対して内容を理解して、授業内容についても概ね満足していることがわかりました。特に「生徒の質問にきちんと答えていたか」の項目について、全体平均点が4.30でした。これは教員と生徒でよくコミュニケーションがとられていて、充実した雰囲気で授業が行われているからだと予想されます。教員と生徒の人間関係や信頼関係は何より大切です。今後もお互いに刺激しあってよりよい授業を目指していきたいと思います。

 一方で、「この授業のために予習・復習を行ったか」という項目の全体平均点が3.18でした。この結果は今年だけに限ったことではなく、毎年点数が低い質問項目です。

生徒に対するアドバイスは次のとおりです。

「授業だけ真面目に受ければいいと思っていては、本当の力はつきません。授業の前に十分な準備ができていれば、知的な刺激はいくらでも入ってきます。その準備として必要なものの一つが、読書です。読書体験を多く持っている人ほど、言葉を理解する力(語彙力)に秀でています。そして、高い語彙力を持っている人ほど、物事を理解する力が高くなるのです。これは国語に限ったことではなく、読書はすべての教科について理解する能力を高めてくれます。ですから、ぜひ本をたくさん読んでください。」

今回の結果を受け、本校の国語科教員は、基礎力を伸ばすと同時に、興味・関心を引き出し、われわれを取りまく世界を的確に読み解く能力を養っていきたいと考えます。

 

数学

 

設問に対する回答「とてもそう思う」「ややそう思う」と答えた割合(※以下「思う」)と、「そう思わない」「あまりそう思わない」と答えた割合(※以下「思わない」)に着目しました。

注目すべきは、「そう思う」で50%以下だった次の2つの設問です。

○「この授業のために予習・復習を行ったか」

「思う」は49.6%と3年連続40%台と低迷し、「思わない」では27.8%でした。このことから、予習・復習の習慣が身に付いている生徒は半数以下で、更に、4分の1の生徒は予習・復習をほぼ行っていないことが分かります。

○「この授業を受け、以前より数学が好きになったか」

「思う」が46.0%で、「思わない」が26.3%と、数学に対する興味や関心が深まっていないと思われます。

この2つには相関関係があると考えています。好きな教科は学ぶ意欲が高いものです。つまり「好きではない」ために、予習・復習に対する意識が低い状況にあると考えられます。逆に、予習・復習をしないことで知識の定着が不十分となり、理解不足に陥ることで数学が好きになれない場合もあります。

アンケート結果からでは、因果関係までを読み解くことはできません。数学に対する興味・関心を、いかに授業内容で引き上げることができるかとともに、知識の定着率向上を同時に行っていくことが課題であると分析できます。

 

地歴公民

 

 今回の授業評価にでは、8項目すべてにおいて前年度に比べ数値が上昇しました。特に、「授業の中で、学習のねらいや目標が説明されているか」、「教え方がわかりやすく、内容は理解しやすかったか」、「この授業に満足したか」の項目においては、前年度に比べ、1、2と回答している生徒が減り、全体平均で0.1程度上昇しています。講義が中心となる授業が多いため、常に生徒の理解度を確認しつつ、授業を進めています。引き続き、各単元で扱う内容を吟味し、よりよい授業をめざしていきます。

 毎年、数値の低い「この授業のために予習・復習を行ったか」という項目については、今回も低いままでした。他の教科に比べ、授業で初めて触れる内容が多いため、このような結果になったと推察します。しかし、知識等の確実な定着をはかるためには、授業をただ受けるだけでなく、予習・復習にも取り組んでほしいと思います。予習については、教科書に目を通すなど簡単な内容でも構いません。授業を受けた上で、復習を充実してほしいと思います。ノートやプリントなどを見返し、自分の言葉で流れなどを説明できるようにすることや自分なりの考えを整理することなどに取り組んでみましょう。また、時事問題等に関心を持ち、授業内容と結び付けて、自分の意見を考えることができれば、立派な復習と言えますし、学びを深めることにつながります。教科書や授業の中だけの学習でなく、社会へ関心を広げる学習をしてほしいと思います。アンケート項目にもある「この授業を受け、社会問題に対する関心は高まったか」の平均点が向上するような授業改善に努めるとともに、みなさん自身も社会に関心を持ち続けてください。

 

理科

 

今回の授業アンケートの結果の良かった項目と悪かった項目を3つあげます。

 良かった項目

・「生徒の質問にきちんと答えていたか」(評価平均4.35)

・「この授業に満足したか」(評価平均3.97)

・「教え方がわかりやすく、内容は理解しやすかったか」(評価平均3.92)

 

悪かった項目

・「この授業を受け、あなたは将来、科学に携わりたいと思ったか」(評価平均2.81)

・「この授業のために予習・復習を行ったか」(評価平均2.93)

・「この授業を受け、あなたの自然を見る目に変化があったか」(評価平均3.35)

 

 良かった項目を見ると、教員と生徒の間で、質問のできる関係の構築や環境が整っていることがわかります。また、教科書の内容の理解は、概ね満足にできていることもわかりました。しかし、悪かった項目を見ると、科学に携わりたいと思えなかったり、自然を見る目に変化を与えることができなかったりということもわかります。

 以上の結果から、「教科書の内容と実生活・実社会との関わりの理解」や「自然現象への探求的な学び」を提供していくことが次への課題だと感じています。また、理科の会議で改善点等を随時話し合い、さらなる向上に努めます。

高校の理科は、中学校の理科に比べて、数式を使った理解や、より具体的な内容まで突き詰めていきます。その過程で、理科は難しいものと捉えて苦手になってしまう人も少なくないと思います。現象を見て、それを言葉で説明し、さらに数式等で理解するなど、細かく順序立てて学習していくと、より一層高校の理科、さらにその先の理科について深く楽しめると思います。そのためには、予習・復習も大切になっていきますので、そちらにも力を注いで欲しいと思います。

 

英語   

 

 昨今のメディアで報道されている通り、「大学入試改革」という言葉が教育界におけるバズワードになっています。その中の1つ、英語民間試験を導入した4技能を評価する入試が非常に大きな注目を浴びました。しかしながら、この改革は事実上延期となり、2020年度の大学入試においては概ね従来通りとなりそうです。

 本校英語科教員は、生徒に大学入試に対応できる力を身につけさせるとともに、進学後や社会に出た後を見据えて日々の授業にあたっています。そのため、授業では「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を統合的に扱いながら、様々な言語活動の中で生徒が学んだ知識を活用する場面を設定しています。

授業評価アンケートの設問の中に「授業の理解度」についての項目があり、多くの生徒がプラスの評価を出していました。「よくわかる授業」と聞くと、教科書の内容を隅々まで正しく理解できる授業のように思われますが、英語学習のゴールは理解することでは決してありません。理解した内容を基にそれを活用し、十分に使いこなせることが目標であり、そのためには相当な時間と労力が必要になります。授業内で学びを完結せず、教室外でどれだけ実践練習を積めるか。限られた授業数では確保できない時間を、家庭学習でどれだけ補うことができるか。授業と家庭学習の両輪が常に正しい方向に回り続けること、その相乗効果で英語力の向上が期待されます。

本校英語科教員は今回の結果を真摯に受け止め、今後の授業改善に努める共に、皆さんが英語学習に対して我々と同じ目標を見据え日々の行動へと繋げてくれることを願っています。

 以下に本校英語科で採用しているCan-Do リストを紹介します。Can-do リストとは4技能(読む、聞く、話す、書く)で目指す到達目標を「~することができる」という形で指標化し、英語を使って具体的に何ができるようになったのかを明確化したものです。皆さんにどんな力を身につけてほしいのかを英語科全体で共有しながら、日々の授業に当たっています。

 

 

芸術

 

授業評価ありがとうございました。授業に対する興味や意欲関心が高い生徒が多く、充実した授業ができたのではないかと思っています。 

今回の授業評価を音楽、美術、書道の各担当で検証し、以下に回答を述べます。

 

音楽

 

授業評価のアンケートありがとうございました。みなさん大変意欲的に授業に取り組んでくれました。“授業に満足したか”の項目では多くの人がそう感じてくれたことを担当者としてうれしく思います。

“予習・復習”については数値が低かったのですが、授業で鑑賞して気になった音楽については、自分でもネットなどで探して興味を広げていってほしいと思います。1、2年生のキーボードの課題は慣れない人にとってはかなり難しいものだったと思いますが、よく努力してくれました。機会がある人は、ぜひ自分でも取り組んでみてください。とくに2年生でおこなったコードの構造の理解は、音楽の楽しみ方を拡大する上でとても重要なものです。さらに理論的な質問など教えてほしいことがあれば、遠慮なくぜひ担当者まで来てください。音楽は、その背景(歴史・文化・人物・理論)を知れば知るほど、聴き方や感動も深まります。ぜひ授業の中でそのヒントをつかんでください。

 

美術

 

アンケートを拝見し、皆さんの評価を真摯に受け止めました。選択の授業ということで意欲的な生徒が多く、高い評価を頂けたことを嬉しく思います。特に授業の満足度や興味を持てたかという項目については評価が非常に高く、有意義な授業ができたと思っております。これからも皆さんの授業に対する関心、意欲が向上するような工夫を研究し続けたいと思います。

今後も授業に臨む姿勢や本制作の前の試作品(エスキース)等も含めて、創作の準備から仕上げまで全てを観察しながら慎重に評価させていただこうと思います。困難な場面でも常に楽しみながら問題解決に取り組めることを期待しています。

 

書道

 

臨書に関してはおおむね円滑な授業を行うことができたと考えます。1学年で実施した「蘭亭序」全臨は、全員が腰をすえて行書に取り組み、書写能力を高める機会になりました。2学年で実施した篆刻は進度に差が出てしまうことを考慮し、手順を鳥瞰できる資料を用意しました。

評価の客観性を図るべく学期ごとのノート提出を義務付けていますが、きちんと取り組んでいる生徒のノートは現在の自身を投影した優れたポートフォリオとなっています。

 

体育

 

 男女別習授業を導入した結果、授業への満足度が高くなっているがわかりました。これからの授業も工夫・改善しながら皆さんの満足度がさらに高まる授業を展開できるように努めていきます。また、体育の授業で行う種目の中で得意な種目もあれば不得意な種目もあると思います。得意な種目では、積極的にリーダーシップを発揮してほしいと考えています。また、不得意な種目でも仲間と競い合い、協力し合いながら全力でやってみてください。必ずその種目の楽しさや魅力に触れることができると思います。 

 保健の授業についてはこれから皆さんが生活していく中で必要となる知識をたくさん学ぶことができます。心身ともに健康で充実した人生を送るためにも主体的に学習に取り組み、学んだ知識を最大限生活の場で活かしてほしいと思います。

 

家庭

 

 家庭科で学ぶ内容はどこを切り取っても日常に役立たせることが出来る実学です。1年次の家庭基礎では生徒の生活環境の差があり、学んだことを家庭で実践できる生徒にとっては実体験でき興味関心が高められたようです。そうではない生徒にとっては、単に情報を与えられている感がありました。そのような中、2学期は生徒達にとって関心の高い食生活の分野でした。健康の源である食の大切さを、食品に含まれる栄養素の働きと共に学ぶことで、自己はもちろん家族の健康的な食生活のために活かしてもらえたらと思い授業しました。また食文化を意識できるような調理実習を実施し、多くの生徒に意識を残せたようです。今後更に実験や体験的な学習を取り入れた授業内容の充実に努めていきたいと思います。

3年次の選択科目である「フードデザイン」「子どもの発達と保育」は生徒が自ら学びたいと選択してくれた科目であるところから、とても活発に授業を行うことが出来ました。私自身生徒から学ばせてもらえることが多々ありこの1年間に感謝いたします。

 

 情報

 

 授業評価の結果から、プログラミング、資格、情報モラルの点数が低いです。プログラミングは、新しい学習指導要領から、より高度な内容になると予想されています。小学生から実施するなどの報道もあります。授業の内容を見直して、どこまでできるようにするかという目標をはっきりさせたいと思います。本校では、基本的な考え方として、Scratchを、より実践的な内容としてPythonを利用したプログラムの授業を行っております。年間を通じて段階的に習得させたいと思います。資格については、情報が今後入試に関わってくるかで、大きく考え方が変わる部分だと思います。即ち、入試の科目として情報が入ってきて、それが資格試験と結びついている、またはこれに類似する内容であれば、資格の勉強をベースに入試問題として取り扱う必要があると思います。これは、動向を見守ろうと思います。問題は、モラルに関することです。毎日のようにスマホを操作し、皆さんの中にはツイッターを利用している人もいると思います。情報モラルは今後の生活に大きく関わっている問題だと思います。SNSを通じて犯罪に巻き込まれるというニュースも、珍しいものではなくなりました。もう一度、自分のことに置き換えて考えてみる必要があると思います。