ガイダンス&カウンセリング(G&C)

 進学型単位制を導入した本校では、G(ガイダンス=指導・説明会など)と、C(カウンセリング=個別指導)に重点を置いています。全員が同じ授業を受ける従来の学年制とは違って、単位制のメリットを生かすためには、2・3年次の納得した科目選択が重要となります。 そこで、本校では、生徒の意識向上と情報の提供を主な目的に、ガイダンスとカウンセリングを3年間系統的に行っています。 また、教育相談(生活指導部)との緊密な連携により、勉強面以外でのトータルなサポートを行います。
 
      
     三者面談            進路指導室での進路相談      卒業生による進路講演会
 3年間を通じた大まかな流れは次のようになっています。


1年次:自己理解
 
適正検査
科目選択説明会
実力テスト事前事後指導
卒業生進路講演会
 
上記の各種ガイダンス、文理適正検査、カウンセリング等を利用しながら、自らの興味・関心・適正を知り、自らが興味・関心を持つ分野についての理解を深める。 また、夏休みには全員が大学・短大等のオープンキャンパスに参加し、報告会を行う。
 

2年次:進路準備
 
科目選択説明会
オープンキャンパス報告会
実力テスト事前事後指導
卒業生との進路懇談会
夏休みまでに各自の進路希望に合わせた学部・学科について研究し、各学問分野に対する理解を深め、希望進路実現のための取り組みにつなげる。 進路意識を高めるとともに、授業を中心としながら、実力テストや補習を活用して基礎学力の向上を図る。
 

3年次:進路実現
 
進路分野別説明会
センター入試説明会
推薦AO入試説明会
大学入試動向併願説明会
国公立希望者向け説明会
各種ガイダンス(分野別・推薦入試・センター試験等)や カウンセリング(進路相談)等により、 進路希望を明確にし、実現を目指す。また、3年生を中心として展開される平日早朝補習や放課後、土曜日補習への参加を積極的に促すことにより、進路へのモチベーションを高める。