男子バレーボール部について

<活動内容>

 火曜日及び土日のどちらかが休養日、それ以外は毎日2~3時間体育館で練習を行っています。

 土日祝日は、埼玉県内の学校を中心に様々な高校や、大学、OBなどと練習試合をこなしています。

メニューは、【基礎練習、個別練習、全体練習、各種トレーニング】等を行っています。練習試合や大会の反省を生かし、日々成長していけるよう努力を重ね、毎日バレーボールを楽しみながら練習に励んでいます。

 

<今年度の目標>

  県大会出場!!

<部長からのメッセージ>

 明るく元気で、皆仲良く、活気にあふれています。今は県大会出場を目標に、日々練習に励んでいます。

 バレーボールは難しいイメージがあるかもしれませんが、練習すれば必ず上手くなります!ですから未経験者も大歓迎です。マネージャーも大募集しています!

決して楽であるとは言えませんが、それ以上に楽しいことばかりです。

是非、男子バレーボール部の活動を見に来てください。

 

 

 

男子バレーボール部からのお知らせ

男子バレーボール部 活動報告

6月14日(月)インターハイ埼玉県予選会に出場しました。

      越ケ谷高校 1-2 蕨高校

    (25-18,20-25,13ー25)

 本庄総合公園体育館での第1試合で、越谷市からはとても遠く、地区予選との違いを試合前から強く感じました。

 対戦校は、練習試合も行っている蕨高校でした。第1セットは立ち上がりから得点を重ねましたが、終盤追い上げられ、あまり良い状態で終われませんでした。その流れがそのまま第2セットへつながってしまい、ディグ(スパイクレシーブ),攻撃の詰め、ともに甘いプレーから主導権を取られ続けてしまいました。選手は最後まであきらめずにプレーしましたが、残念ながら次に駒を進めることができませんでした。悔しい思いはありますが、先ずは県大会に出場することができるまでに強くなったことを誇りに思います。

◆頭上には「横綱」の部旗、主将が越ケ谷高校のプラカードを掲げます

◆副将のセンター攻撃、リベロの3年生がブロックフォローに入ります

◆戦い終えて。これで3年生は引退となります

男子バレーボール部 活動報告

6月6日(日)川口北高校と練習試合を行いました。

  越ケ谷高校 2-6 川口北高校

川口北高校は、南部地区の地区推薦校で県大会に出場する学校です。良いサービスがとても多く、技術的にも意識の上でも大変勉強になりました。本校は久しぶりの県大会なので部員全員にとって初めてのステージです。私たちにできることを100%出し切ったパフォーマンスができるように、準備していきたいと思います。

 

 

試合の合間に1年生に審判について教えていきます。

男子バレーボール部 インハイ予選 県大会進出!

県大会進出!!

5月30日(日)学校総合体育大会東部地区大会、つまりインターハイ地区予選が行われました。

シード校を除く19校で6枠を争うトーナメントで、越ケ谷高校は5年ぶりに県大会出場権を獲得しました!

県大会は、6月14日(月)に行われます。

  越ケ谷高校 2-0 三郷高校

  越ケ谷高校 2-1 杉戸高校

 

部長より一言

 今回の大会が3年生にとっては最後の大会になるので、いつも以上に皆が全力で挑みました。

1回戦の三郷戦では、少々ミスが目立ったものの、つなぐところはしっかりつなぎ、勝つことができました。

2回戦の杉戸戦では、1セット目は流れを持っていかれてしまい、負の連鎖になり取られてしまいましたが、2セット目は気持ちを切り替えて取り返すことができました。そして3セット目は、お互い一歩も譲らずという試合展開でしたが、今までの練習の成果が出たのか、最後は一気に押し切って勝つことができました!

昨年からずっと目標にしていた「県大会出場」をついに果たすことができました!3年生は残りわずかですが、県大会に向けて全力を出しきれるよう練習に励みたいと思います。

 

 

みんな良い笑顔です!

男子バレーボール部 活動報告

5月16日(日)浦和東高校と練習試合を行いました。

   越ケ谷高校 4-2 浦和東高校

 浦和東高校は、トレーナーの指導により、ボールに触る前にストレッチと体幹トレーニングに多くの時間を割いていました。また基礎練習も工夫されていて、とても参考になりました。良いところはどんどん取り入れていきたいと思います。

 中間考査(5月24日~27日),遠足(28日)の直後、5月30日(日)にインターハイ東部地区予選があります。3年生最後のインハイ予選にむけて、それぞれに意気込みの感じられた試合でした。

 

部長の一言

 おそらく大会前最後の練習試合で、今までやってきた練習を活かせるようなプレーができるように、試合に挑みました。様々な攻撃パターンを駆使したり、ブロックの位置取りなど、何度も確認しました。試合展開は悪くなかったのですが、くだらないミスを何度かしてしまいました。また僕達はいつも1セット目をとることができず立ち上がりが悪いのですが、今回も取れなかったので、大会前までにミスをなくし、1セット目から全力で取りに行けるように、残りの時間を有意義に使いたいと思います。

 

  

主将のレフト攻撃、ブロックの対処をしっかりと

 

マネージャーも得点係をしながらスコアを取れるように勉強中です

男子バレーボール部 活動報告

4月24日(土)春季東部地区バレーボール大会が、久喜北陽高校で行われました。

  越ケ谷高校 0ー2 越谷北高校

       20-25

       23-25

本校は1回戦でシード校の一つである越ケ谷北高校と対戦し、惜しくも敗退してしまいました。格上のチームではありますが、序盤ではリードを奪うなどよく戦いました。本校の得点も相手のミスでもらったのではなく、スパイクやフェイントを決めて獲得した点数が多くを占めました。それでも終盤の競った場面で流れを引き寄せきれずに、競り負けてしまいました。特に2セット目ではブロックも2本決めるなど、練習の成果が随所に見られました。

初戦敗退はしましたが、3年生の3人を中心にまとまりのあるチームに成長したと感じています。次の公式戦は、5月末に行われるインターハイ地区予選です。必ず県大会に進出する覚悟で、あと1か月努力を続けてほしいと思います。

 

 

1年生マネージャーが撮影してくれました。