越定日誌

【人権教育】越谷アルファーズさんにご講演していただきました

 3月14日(木)に越谷アルファーズさんにご講演いただきました。越谷アルファーズは越谷市を本拠地としているプロのバスケットボールチームです。現在、シーズンの真っ只中にもかかわらず、代表取締役社長である上原和人様から素晴らしいお話をしていただきました。今回は「夢の見つけ方」をテーマに、生徒がどのように夢を見つけ、それを行動に移していくかを写真や動画を用いてわかりやすく説明していただきました。また、仕事には様々な種類があるため、自分の得意を活かせる場所があることや人と人の縁の大切さのお話もいただきました。

 「ねぎバンバン」や「ぴかネギー」といった大人気のグッズの誕生秘話を聞き、バスケットボールを通じて、チームや地域を知ってもらえるよう取り組んでいることを知ることができました。今回の講演会は、生徒が夢を見つけ、人と人の出会いを大切にできる良いきっかけになったのではないでしょうか。

 ご多用の中、本校定時制のために貴重なご講演をしてくださった越谷アルファーズのみなさま本当にありがとうございました。

人権教育推進委員会

野球部卒業セレモニー

 3月13日(水)の卒業証書授与式後に、卒業生(髙橋)に向けたセレモニーを行いました。今では部員が9名いる野球部ですが、この環境は髙橋が4年間野球部を継続して頑張ってきたことで成り立っているといっても過言ではありません。多くの時間を部員1人で過ごしましたが、後輩が入ってくると、丁寧に教えていましたね。途中で逃げ出さずに、最後までやり通しました。そんな高橋を見て、成長した下級生から、メッセージ入りのグローブがプレゼントされました。

 部活動は技術を身につけることはもちろんですが、多くの人と接し、人として成長するために存在していることを髙橋から教えてもらいました。これからもたくさんの人に応援される人間へとさらに成長していってください。

 卒業おめでとう。

野球部

第75回卒業証書授与式が行われました。

 3月13日(水)に第75回卒業証書授与式が行われました。卒業生はこの4年間本当によく頑張りました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、入学式を行うことができなかった学年ということもあり、多くの方に支えられ、素敵な式が行える環境を整えていただきました。関わっていただいたすべての方に感謝申し上げます。

 一人ひとりが校長先生から卒業証書を受け取る姿を見て、卒業生のこの4年間での成長を保護者の方々にも感じていただけたのではないでしょうか。また、非常に凛々しく、たくましい姿を在校生にも示すことができたと思います。

 これから先は、社会という荒波に立ち向かいます。この越ケ谷高校定時制で4年間学んだことを活かして、一人ひとりが活躍する姿を心から祈念しています。

 あらためて、卒業おめでとうございます!

 

P.S

卒業生のために、昇降口や体育館出口などに素敵なメッセージと装飾を用意してくれた在校生のみなさんありがとうございました。

第4学年

予餞会

 2月7日(水)に予餞会が行われました。予餞会は校長ブログにもある通り、「予め(あらかじめ)餞け(はなむけ)を行う会」という意味があります。越定では4年生を送るための会のことです。

この日を迎えるまでに、生徒会が中心となって毎日のように企画や装飾の準備を進めてくれました。素晴らしい会を開いてくれた生徒会のみんな、本当にありがとう!また、4年生へのメッセージ動画に加えて、準備や片付けを手伝ってくれた在校生もありがとう!

企画では、軽音楽部の素晴らしい演奏・歌声や異動された先生方からのメッセージ動画などがありました。加えて、教員による動画企画や生徒会企画のクイズなどもあり、大いに盛り上がりました。終盤には、4年生による持ち込み企画があり、4年生から担任・副担任への感謝の手紙と色紙・花束のプレゼントがありました。(サプライズ企画であったため、4学年の教員は直前までこのことを知りませんでした)

この予餞会は、4年生にとって良い思い出になったはずです。これからも応援される人に成長していってください!

 

さて、4年生の登校日は、卒業式予行(3月12日)と卒業式本番(3月13日)だけになりました。家庭研修期間ではありますが、越ヶ谷高校定時制の生徒としての自覚を持ちながら、残りの高校生活を謳歌してください。

                                  特別活動部

【テニス部】ソフトテニス新人大会 結果

 令和6年2月4日(日)に、大宮第二公園にて定時制通信制新人大会が開催されました。

 新人戦という名前ではありますが、ソフトテニスは、卒業間近の4年生も参加可能な大会です。本校からは、1年生ダブルス1ペアと4年生ダブルス1ペアの合計2ペアが参加しました。結果としては、1年生ペアが予選リーグ敗退、4年生ペアが4位入賞となりました。

 1年生にとっては、自分の課題が見えた大会であり、今後の練習等に活かせていけるよう頑張っていければなと思います。4年生にとっては卒業前の最後の大会であり、後悔のない試合ができたのではないかと思います。4年間の部活で学んだことを、ぜひこれからの人生に活かしてほしいと思います。

 4年生が抜け、部員数が少なくなってしまいましたが、今後も大会での勝利にむけ練習をしていくので、ぜひ応援のほうをよろしくお願い致します。

【男子バスケットボール部】バスケットボール新人大会 結果

 令和6年1月14日から定時制通信制バスケットボール新人大会が開催され、28日に決勝戦が行われました。
 結果は以下になります。

1回戦目 vs大川学園 34-16 勝利
2回戦目 vs狭山緑陽 48-46 勝利
準決勝  vs川口市立 56-36 勝利
決勝   vs春日部  34-72 敗退

 結果は準優勝となり、また1つ順位が上がり少しずつ成長をしていると実感できました。どの学校も一筋縄ではいかない相手ばかりで、苦戦を強いられることもありました。その中でもシュート1つ1つを大事にし、ディフェンスも集中してできていました。しかし、春日部高校の技術の高さやリバウンドの強さがあり、点差をつけられてしまいました。
 今回の大会を通して、生徒たちは新たな課題が見つかったと思います。日々の練習の中で克服していき、次の大会ではまた1つ成長し優勝を狙いたいと思います。今後とも越定バスケットボール部の応援をよろしくお願いいたします。

 

 

野球部の成長日記(冬休み編)

 越定の野球部はこの冬休み期間、計5回の活動を行ってきました。寒い中、グラウンドや多目的コートで技術向上のために、ひたむきに練習に取り組む姿が見られました。少しずつではありますが、今まで取れなかった打球が取れるようになったり、打球を遠くに飛ばせるようになったりと日々成長を感じています。

 越定野球部は、「周りから応援される部活動」になることを目指しています。そのために、挨拶や感謝のきもちを伝えるなど「当たり前のことを当たり前にできるチーム」になれるよう一人ひとりが前向きに行動するよう心がけています。(意識を高く持ちながら、行動できていると思います。素晴らしいです。)

 冬休み期間にもかかわらず、多くの先生方に手伝っていただきました。貴重なお時間を越定野球部に割いていただきありがとうございました。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

 

 1月5日(金)に、本校のグラウンドで合同練習を行いました。普段より、人数が多く、どの練習も実践的に行うことができました。終盤に行った試合形式の練習では、どの生徒も必死に球にくらいつき、バットに当てる姿をみて、日々の練習の成果が出てきているのではないかと感心しました。(他校の先生方も褒めていましたよ!)

 今回も参加していただいた川口工業高校、大宮工業高校のみなさんありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

 

 今後ともひたむきに頑張りますので、越定野球部をよろしくお願いいたします!

【在り方生き方教育】第4回 越定ゼミナール

 令和5年12月19日(火)に第4回越定ゼミナールを開講しました。越定ゼミナールとは、様々な知識や技能に触れ、新たな教養を身につけることで、社会に出た時に主体的に対応できる能力を育成することを目的とした本校独自の取り組みです。具体的には、生徒自身が受講したい講座を選択し、学年関係なく普段の授業では受けることのできない内容を学ぶことができます。加えて、少人数で講座を展開することで一人ひとりが理解しやすい環境を作りました。

 今回も、「就職に関する講座」「進学に関する講座」「体力づくりに関する講座」「国際理解に関する講座」の4つのテーマに沿った内容でした。(今回は副校長先生にも開講していただきました!)

 普段の授業より、さらに少人数で受講できる環境にあり、生徒は気軽に質問ができます。また、他学年との交流も増えることから、横の関係(学年)だけではなく縦の関係(学校)とのつながりができます。これらは越定ゼミナールの魅力ではないでしょうか。今年度は今回で終わりとなりますが、来年度また開講できたらと思います。

※以下にいくつかの講座の活動状況を写真で載せさせていただきます。ご覧ください!

 在り方生き方教育推進委員会

【生徒会】生徒会役員選挙を行いました

 令和5年11月28日(火)に生徒会役員選挙を行いました。生徒会役員選挙では、各クラスの選挙管理委員が中心となり準備、進行と投票を行いました。公民等の授業において選挙の仕組みなどは習いますが、実際に投票することでその仕組みをさらに理解することができたのではないでしょうか。
 3、4時間目の中で、本校体育館にて、立候補者とその推薦人による立会演説会を行いました。寒い中ではありましたが、生徒一人一人が演説に耳を傾け、真剣に参加していました。生徒会役員選挙は校内で行われる選挙ですが、当事者意識を強く持ちながら参加している姿は非常に素晴らしかったです。

 また、本校定時制は4年制ということもあり、卒業までに必ず18歳(成人)を迎えます。つまり在学中に参政権を有するということです。実際に3年生の一部と4年生はすでに成人になっており、選挙に対して興味がある生徒もいます。そのような環境下で生徒会役員選挙を行うことができるのは本校の特色なのかもしれません。

 今後選挙結果が出て、新生徒会が学校の中心となって活動していきます。生徒の皆さんは投票をしたということを念頭におき、今後の生徒会の活動に注目してください!

 特別活動部

【教務部】遠足(東京ディズニーランド)

 令和5年11月10日(金)に遠足で東京ディズニーランドに行きました。途中から雨が降り出し、あいにくの天気でしたが生徒たちは学年ごとのグループに分かれて、楽しんで散策していました。   教務部

 

【生徒会】越谷市長と懇談会を行いました。

 令和5年11月13日(月)に福田市長と全日制・定時制の生徒会で懇談会を行いました。福田市長には本校に来校していただき、将来を担う高校生世代と「越谷の未来」についてお話をさせていただきました。定時制からは3学年と2学年の生徒会の生徒が代表として懇談会に参加しました。
 懇談会では、「住んでいてよかったまち」「住み続けたいまち」「住みたいまち」をテーマに生徒が本音で福田市長に思いを届けていました。実際に、生徒が市長に対して直接意見や要望を伝える大変貴重な機会となりました。ありがとうございました。福田市長の丁寧で、寛容な雰囲気づくりもあり、生徒は主体的に懇談会への参加ができていました。
 福田市長は生徒の要望や意見1つ1つに対して親身になり、また、理由も添えて回答されていました。そういう姿を高校生という未来を築いていく世代に伝達していただき大変感謝しております。ご多用の公務の間にも関わらず、来校していただき貴重な経験のお話をくださった福田市長をはじめ、準備・運営・片付けまでしていただいた秘書課の皆様、本当にありがとうございました。

 特別活動部

ジグソー法による授業を行いました!

 11月1日(水)に英語コミュニケーションⅠ(Aクラス)でジグソー法による授業を行いました。ジグソー法とはグループごとに異なった情報を読み取り、互いに情報共有を行うことで知識を構成してく授業方法です。授業のねらいとしては、生徒それぞれに役割を与えることで一人ひとりが責任や自覚を持ちながら課題に臨めるようになることです。また、自分が得た情報を他者に伝達するために、協調性や対話力の向上も期待することができます。
 今回は現在進行形(文法)をテーマに、グループ活動メインの授業を展開しました。今回取り入れたジグソー法は上記のメリットだけではなく、1人では難しい問題でもグループで課題に向き合うことで、解答にたどり着くことができる側面も持っています。(みんな真剣に取り組んでいましたね!)
 英語の文法が苦手な生徒でも、構造や変化の仕方を理解している姿を見ることができました。(苦手というより嫌いな人が多い気がしますが...)
 英語が苦手(嫌い)と感じている中学生や高校入学希望者はぜひ、越ヶ谷高校の英語の授業を観に来てください!(詳しい日程はホームページトップに載っています)
 ジグソー法による授業は生徒が、授業内容をより深く理解するための方法です。実際に一人ひとりが真剣に課題に向き合っていて教科担当としては非常に嬉しかったです。(もちろん普段も真剣に取り組んでいます笑)

英語科 久保田

【男子バスケットボール部】県民総合スポーツ大会 結果について

令和5年10月8日から定時制通信制県民総合スポーツ大会が開催されました。一回戦、シード校の川口市立高校との一戦は延長戦の末41-37で激戦を制しました。準々決勝は、大川学園と戦い31-12で勝利をすることができました。準決勝では、新人大会・全国予選でも敗れている春日部高校定時制との試合でしたが結果は30-52で敗退、優勝には一歩及びませんでした。しかし、埼玉県3位という成績を残すことが出来ました。優勝を目指して、日々過酷な練習に取り組んできた生徒たちにとっては悔しい結果となりましたが、この悔しさと3位としての自信と誇りを胸に日々の練習に取り組んでいきたいと思います。今後とも越定バスケットボール部の応援をよろしくお願いいたします。

 

越定文化祭 開催!

 10月28日(土)に文化祭を開催いたしました。今年は、ホラーをテーマに4年ぶりの一般公開を行いました。95名の来場者に来ていただきました。ありがとうございました。また、多くの卒業生にも久しぶりに会うことができました。(少しは成長していたのかな?)
 昨年度まではコロナの関係でできなかった調理企画を令和元年ぶりに復活させました。(大盛況でしたね!)
 クラス企画では、飲食品販売や、ストラックアウト、脱出ゲームなどの出し物がありました。どのクラスもクオリティが高く、誰でも楽しめるものになっていました。ちなみに、生徒と来場者の投票で決定するクラス賞は2年1組と1年2組の同率首位でした。2クラスとも受賞おめでとう!
 生徒たちは9月から文化祭の準備を着々と進め、クラスの仲間と協力しながら出し物を完成させました。準備は大変でしたが、みんなで何かを成し遂げることは大切なことだと実感できたと思います。来年もさらによりよい文化祭にしましょう!

☜「クラス賞 受賞場面」

☜「来場者風景」

☜「かざぐるまアート」

☜「行列のできる北チュロス」

【軟式野球】県民総合スポーツ大会 結果について

 令和5年10月1日から定時制通信制軟式野球県民総合スポーツ大会が始まりました。7日(土)には越ヶ谷高校定時制が2年連続での単独チームとして大会に出場しました。2回戦の相手は、今年全国大会ベスト8である県立大宮中央高等学校さんでした。結果は0-21(4回コールド)で敗退となりました。結果はコールド負けでしたが、選手一人ひとりが最後まであきらめずにプレーしていたことやたくさん練習をしてきたことを試合中にプレーで示すことができたことは非常に誇らしいことです。これからの自信になったのではないでしょうか。また、できなかったことが少しずつできるようになっている姿をみて部活動の意義を再確認することができました。

 唯一の4年生部員である髙橋は今大会をもって引退となります。今でこそ練習試合や単独チームでの大会出場が可能ですが、部員がなかなか集まらず、野球部員1人という時間を多く過ごしてきました。そんな環境の中でも前向きに、そしてひたむきに活動してきた結果が今の越定野球部につながっています。思い通りにいかないことがほとんどでしたね...しかし、少しずつ選手としてそして1人の生徒として大きく成長してくれたと思います。そんな先輩の姿を見て、これからの越定野球部はさらに逞しく成長してくれることでしょう。

 4年間よくがんばりました。

 最後に、大会に臨むにあたり、打撃や守備、走塁面での細かな練習に加え、練習試合や教員チームとの試合等を行うなど、今までの越定野球部では想像できないほど多くの実戦形式を経験することができました。ご協力やご声援をいただいた方に感謝申し上げます。越定野球部のために貴重なお時間を作っていたただきありがとうございました。応援される野球部になれるよう活動していきますので、引き続きご協力・ご声援をお願い申し上げます。

 野球部 

埼玉県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表会 報告

 10月7日(土)、さいたま文学館において第56回埼玉県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表会が開催され、本校から2名(3年生1名、4年生1名)が出場しました。

 東部地区大会の中止もあり、この県大会がステージで発表する初めての舞台となりましたが、2名とも練習の成果を発揮して堂々と発表することができました。

 複雑な胸中、定時制での出会い、将来への展望など、自らの切実な思いを伝える姿は多くの聴衆の感動を呼び起こしたと思います。また、他校の生徒の発表にも大変心を打たれるものがありました。

 結果としては全国大会出場とはなりませんでしたが、2名とも今大会の経験がこれからの糧になるのではないかと思います。

 大会の企画・準備・運営に携わっていただいた方々、また応援に来ていただいた方々にも多大なる感謝を申し上げます。

 誠にありがとうございました。

サッカー部 県民総合体育大会 結果

 9月24日(日)に、県立吹上秋桜高等学校にて県民スポーツ大会1回戦が行われました。越ヶ谷高校は4校合同チーム(大宮工業・川口工業・わせがく)で大会に出場しました。

 初戦の相手は県立狭山緑陽高等学校。

 結果は1-6で敗退してしまいましたが、選手たちの中には初対面もおり、積極的にコミュニケーションを取って最後まで諦めることなく頑張っていました。

 次回は年明けの新人戦。そこに向けて日々の練習を頑張っていきたいと思います。

 熱いご声援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

芸術鑑賞会

 9月7日(木)に、越谷市中央市民会館にて芸術鑑賞会が開催されました。この芸術鑑賞会は、毎年、様々なジャンルのスペシャリストをお呼びして、「普段できない経験を生徒たちに」をモットーに開催しています。

 今年はドラム缶を楽器にして演奏するスティールパンのバンドグル―プ「WAI WAIスティールバンド」様をお招きして、自然と身体が動き出してしまうような愉快で力強い演奏を披露いただきました。生徒たちは非常に明るく、そして優しいスティールパンの音色に魅了されているようでした。

 鑑賞会終了後、生徒たちからは「こんな元気な気持ちになれたのは初めて」「今日来てよかった」といった素直な意見を聞くことができました。スティールパンの歴史に興味を持った生徒は、この楽器の発祥の地トリニダード・トバゴに行ってみたいと話していました。芸術鑑賞会を通じて、生徒のみなさんの可能性がさらに広がることを期待しています。

進路講演会

 9月6日(水)に、越谷市中央市民会館にて進路講演会が開催されました。講師には株式会社ライセンスアカデミー 宇佐美 正利 様をお招きして、「就職や進学に向けた準備のコツ」や「実際に行動すること重要性」、「なりたい自分をいかに具体的に想像するか」といった進路選択の核となる考え方をご講演いただきました。生徒たちの多くが自分を見つめ直し、今自分たちが何をすべきかを考えるきっかけを得られたのではないでしょうか。

4年生は勝負の2学期。生きていく中で数度訪れる「人生を左右する分岐点」を今まさに向かえています。高校生活4年間の努力や経験に自信を持ち、恐れることなく戦ってきてください。

野球部の成長日記(夏休み編)

 越定の野球部はこの夏休み期間、お盆期間を除き週3回の活動を行ってきました。酷暑の中、グラウンドや体育館で技術向上のためにひたむきに取り組む姿が見られました。

 野球部では、「応援されるチーム」を目指して日々の活動をしています。挨拶や感謝のきもちなど当たり前のことを当たり前にできるチームになれるよう一人ひとりが前向きに行動できています。実際に、その姿を見て多くの先生方に参加してもらい助けていただくことができました。ありがとうございました。

 部活動は単に技術の向上を目指すためだけではなく、人として成長できる絶好の機会だと考えています。生徒自身が自ら考え行動することや一人では乗り越えることが難しい壁も、周囲と協力することで乗り越えることができることを、部活動を通して伝えています。

 部員は日々確実に成長していると確信できるほど、一所懸命に野球と向き合っています。熱中症に気をつけながら今後も部員とともに頑張っていきます。

 8月24日(木)に川口市にある、川口市立高校のグラウンドで合同練習を行いました。人工芝という普段とは異なる環境下での練習でした。(設備が大学みたいでしたね!!)

 人数が多く、どの練習も実践的に行うことができました。川口工業高校、大宮工業高校、そしてグラウンドを提供していただいた川口市立の定時制野球部のみなさんありがとうございました。また、来週もよろしくお願いいたします。

 今後とも越定野球部をよろしくお願いいたします。