野球部からのお知らせ

野球部 秋季県大会1回戦結果報告

9月22日(火)に、秋季県大会1回戦が行われました。

結果を報告いたします。

 

越谷市民球場第1試合

越ヶ谷 3 - 10 浦和実業 (8回コールド)

 

越ヶ谷高校の後攻で始まった試合は、1回表のピンチを先発坂田がしのぐとその裏、四球や安打と相手エラーで作った1死満塁の好機に、五番秋山が左適時打を放ち先制します。6番北島も右犠飛で続き2点を先制し、序盤はリードして試合を進めます。しかし、4回に連打で5点を失うと、その後もコンスタントに追加点を奪われ8回までに10点を失います。その間の反撃も犠飛の1点に留まり、3-10で敗戦となりました。

 

2年ぶりの県大会出場となり、初の経験となった2年生。独特の緊張感の中で、できる!という実感と力不足という実感の両方を感じた試合だったと思います。

今回、新チームとしてまだまだ未熟な中で、県大会を経験できたことは選手たちにとってとても大事な機会となりました。来春そして来夏に、さらに上を目指すべく日々全力で練習に励んでくれると思います。

 

コロナ禍で、来春以降も応援してくださる皆様に、選手たちの姿をお見せできるのかは不透明です。その中でも選手たちの1度きりの高校野球は進んでいます。1日1日を大切に、皆様にどんな形でも良い結果をお届けできるよう精進してまいります。

引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

顧問  福島 直史

野球部 県大会1回戦の予定

本日、県大会の抽選会が行われました。

本校も地区大会を勝ち抜き(1回戦 対八潮南 12-3、代表決定戦 対越谷東 13-5)、県大会に駒を進めています。

夏の大会が8月に行われた関係で新チームの始動も遅くなり、難しいチーム作りの中、選手一人ひとりが責任を自覚し行動した結果だと思います。

 

さて、県大会の日程ですが、本校の1回戦は以下の通りとなりました。

今大会も無観客試合となりますが、良い結果をお届けできるようにチーム一丸となって戦って参ります。

どうぞ応援よろしくお願いします。

 

1回戦(トーナメント上では2回戦)

9月22日(火)10:00~ @越谷市民球場

対 市立浦和or浦和実業

 

野球部 夏大会2回戦結果

本日、夏大会2回戦(トーナメント上は3回戦)が行われました。

試合の詳細と結果を報告します。

 

越谷市民球場 14:30プレイボール

越ヶ谷 1 - 2X 草加東

スターティングメンバー

①8 加藤  ②6 福田  ③7 菅原  ④3大庭  ⑤9 木村 → 浜田(7裏)  ⑥2 小島  ⑦4 小山  ⑧5 小倉雄  ⑨1 三村

サブ

3年  斉藤  横井  平野  浜田  大野

2年  小倉郁  玉井  秋山  藤代  田辺  山原

記録員

3年  岡田  鈴木

 

 越ヶ谷の先攻、草加東の後攻で試合は始まった。初回、越ヶ谷は1番加藤が痛烈な当たりを放つが惜しくも三塁ライナーとなる。2番福田、3番菅原も凡退し、初回は3者凡退に終わる。その裏、先発三村も上々の立ち上がりを見せる。直球の走りが良く、ファールでカウントを整えながら有利に投球を進めていく。2死1塁の場面では相手4番打者も直球で押し込み、中飛で打ち取る。

 2回、越ヶ谷の攻撃。先頭の4番大庭が死球で出塁すると、5番木村が1球で犠打を決め、1死2塁とする。この好機に6番小島が三塁手強襲の適時2塁打を放ち、1点を先制する。

 試合はその後こう着状態となる。越ヶ谷の攻撃は3回に1番加藤の中安打、4回に5番木村の右安打、5回には2四球で好機を作るも、生かすことができず追加点を取れない。もどかしい展開の中、先発三村は5回まで、相手打線を内野安打の1安打に抑える快投を続ける。

 グラウンド整備が終わった終盤の6回、越ヶ谷の攻撃は2死から4番大庭が中安打を放つも、後続が倒れ追加点は奪えない。その裏、相手打線は1番からの好打順。球数も増え、正念場を迎えた三村だったが、ここを3者凡退で乗り切る。

 追加点が欲しい最終回の7回。越ヶ谷の攻撃は好調の6番小島から。快音を残すも、深く守る中堅手のグラブに収まる。7番小山、8番小倉も粘りを見せるも、塁に出ることはできず3者凡退で7回の裏を迎える。

 7回裏、草加東の攻撃。1点を守り切れば越ヶ谷の勝利。守り切りたい越ヶ谷は右翼に守備の良い浜田を入れ逃げ切りを図る。重圧のかかる中、続投の三村は先頭の相手4番打者に3-2から死球を与えてしまう。その後暴投と犠打で1死3塁の場面を迎える。内野は前進守備をかけ、何としても抑えたいこの場面で、三村が投じたこの日85球目。相手打者が打った打球は中堅手加藤の前にポトリと落ちる適時打となり、ついに同点に追いつかれてしまう。その後、何とか立て直したい三村だったが、7番、8番と連続で四球を与えてしまう。

1死満塁。

相手9番打者に投じた97球目。打ち返された打球は、今日幾度となく攻守を見せた遊撃手福田のもとへ。センター寄りの難しい打球を好捕し、倒れながら本塁へ送球。少し逸れた球に捕手小島が懸命に脚を延ばし、グラブを届かせようと試みるもボールは無情にもグラブの横をすりぬけてしまう。1-2、サヨナラ負け。越ヶ谷高校の「特別な夏」が終わりました。

  

3年生にとっては、越ヶ谷高校野球部として最後の日となってしまいました。毎年、いつかは来るこの日を、来ないでほしいと願っている気がします。また、今年は特別な戦いでもありました。空白の期間を乗り越え、全員で戦おうと最後までもがいてきた3年生。その姿は、後輩に十分伝わったのではないでしょうか。怪我と戦ってきた者、野球を続ける理由を模索した者、自分の役割を全うした者、チームの在り方を探し続けた者、それぞれのチャレンジは一人ひとりの大きな財産となり、越高野球部にとっての財産になっていくはずです。

 

最後まで野球を続けてくれた3年生14名

それを支えてくれた3年生マネージャー2名

本当にありがとう。

そして本当にお疲れ様。

 

後輩たちは、この「特別な夏」の記憶を忘れず、これから戦っていってくれるはずです。

 3年生も、猛暑の中で戦い抜いたこの「特別な夏」を自信に、これから立ちはだかるいくつもの壁に立ち向かって欲しいと思います。

 

応援していただきました保護者の皆様、OB・OGの皆様、関係者の皆様に対しては、感謝の気持ちでいっぱいです。3年生はまたこれから次の戦いに入っていきます。1・2年生もすぐに新チームとしての公式戦が控えています。皆様方の支えが大きな力になります。今後とも、越ヶ谷高校野球部をよろしくお願いします。

 

顧問 福島直史

 

野球部 夏大会1回戦結果

本日、夏大会の1回戦が行われました。

試合結果、詳細を報告します。

 

越谷市民球場 第3試合

越ヶ谷 12 - 0 草加南 (5回コールド)

 

越ヶ谷の先行でプレイボール。

初回は両チームとも0点の立ち上がり。先発の三村も2三振を奪い、上々の立ち上がりを見せる。

2回1死から5番木村の左安打と6番小島の左2塁打で1死2・3塁の好機を作ると、7番小倉雄の右犠飛で1点を先制する。3回には2番福田が四球を選び二盗を決めると、3番菅原の左安打で福田が生還し、1点を追加。4回には、2死2・3塁の好機で、8番小山が右中間3塁打を放ち、2点を追加。そして5回には、8安打を集め、打者一巡の攻撃で8点を奪い、5回10点差をつけコールド勝ちした。投げては先発三村が4回1/3を投げ無安打ピッチング。2番手斉藤もキッチリと締めた。

 

今夏一番の猛暑の中、体調不良者を出すことなく試合を終われたことに一安心しています。

応援いただいた皆様、ありがとうございました。

 

2回戦は、14日(金)14:00~ 対 草加東 となります。

緊張していた3年生も、1試合を終え安堵の様子でした。またコンディションを整え、全力プレーの準備をして臨みたいと思います。

引き続きよろしくお願いします。

 

追伸 14日の越谷市民球場の試合は、ある放送局でTV放送がある予定だそうです。

顧問 福島直史

野球部 応援頂いている皆様へ

夏大会前日となりました。

 

今日は35度の酷暑の中、今年20歳になる卒業生が差し入れを持って激励に来てくれました。

おそらく大学生も普通の生活ができず、アルバイトもままならないのではないかと思います。

そんな中、後輩のために来てくれたOB、OGの皆さん、本当にありがとう。

 

今日、一つ反省していることがあります。

練習の後、遅くまで学校で勉強してから帰る選手に会いました。

私はびっくりして「まだいたのか!」と、さも「なんで早く帰って休まないんだ」と言わんばかりに、とっさに声に出してしまいました。

私の中にこの酷暑の練習後、遅くまで勉強をして帰るという感覚が全くなかったからです。

その他の選手も練習後塾に行って勉強したり、家に帰って勉強したりしているのだと思います。

 

選手たちは私たちが想像しているよりもっと大変なことにチャレンジしています。

今回、スタンドから応援いただくことは叶いませんが、OB・OGの皆様、関係の皆様、また越ヶ谷高校野球部の活動をご理解頂き、見守ってくださっている全ての皆様の声と共に、全力で戦って参ります。

酷暑とコロナが重なる大変な日々ではありますが、皆様のご健康をお祈りしております。

 

試合の結果、詳細ははいち早くホームページにUPさせていただきます。

顧問 福島直史

 

 

野球部 夏大会激励会 

3年生の最後の大会となる夏大会の激励会が本校グラウンドで行われました。

今年は、コロナの影響で毎年行っていた白梅館での激励会を簡略化し、感染対策を講じてグラウンドで実施しました。

様々な知恵を絞っていただいた父母会の皆様に大変感謝申し上げます。

 

さて、本校野球部3年生16名は、受験勉強にとっても非常に大事な時期である夏休みに、全員でこの大会に臨むことを3年生の選手達自身で決めました。我々高校野球を経験してきた人間にとっても、到底考えられない出来事が今現実に起こっています。そんな現実を受け入れ、選手達は前に進んでいます。激励会では、そんな3年生達が一人ひとり今大会への意気込みを話してくれました。

「常笑」

彼らが最後に実現しようとしている言葉です。

彼らの”笑”には、沢山の意味が込められているはずです。

これまで苦しんだ分、悔しい思いをした分、グラウンドには白球という”笑”の種が転がっているはずです。

選手達には最後の最後までやり切って欲しい。

 

我々は支えることしかできませんが、選手達が思いっきりプレーできるようにサポートしていきます。

 

 

日程

1回戦 8月11日(火)14:00~ 対 草加南高校

2回戦 8月14日(金)14:00~ 対 羽生第一と草加東の勝者

3回戦 8月15日(土)9:00~

4回戦 8月17日(月)12:30~

東部地区決勝 8月18日(火)12:30~

※4回戦までは越谷市民球場、決勝は上尾市民球場

※今大会は、原則無観客試合となり毎年ご声援いただいているOB・OGの皆様や関係の皆様に、スタンドから心強い応援を頂くことが叶いません。運が良ければテレビ中継があるとのことですので、様々な形で選手達の応援を頂けると幸いです。

 

顧問 福島直史

 

野球部 第72回卒業証書授与式

本日、第72回卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、保護者の皆様が参加できない形とはなりましたが、無事に野球部卒業生19名が無事に式を迎えられたこと、心よりお祝い申し上げます。

卒業生へ

どんな人になりたいのか、どんな人生を送りたいのか、そのために自らの意志で何をやるのか、そんな自分との戦いの場に歩を進めていく卒業生達へ。この越ケ谷高校や越ケ谷高校野球部で自ら乗り越えてきたすべての経験は、これからの出ていく大学や社会から見れば些細なことかもしれないけど、“乗り越える”時に大事なことは高校での経験と同じです。すべては自分がどうあるか。自分がどう考えるのか。他人や環境のせいじゃない。これからも乗り越えるべき時が何回もやってきます。ぜひ謙虚に自分を見つめられる人になってください。

卒業おめでとう!

 

1・2年次生へ

卒業生より一言づつメッセージをもらっています。練習できない日々が続いていますが、頑張った卒業生達の応援を胸に、1日1日を大事に行動していこう!(なお、プライバシーに配慮し名前は頭文字のみとさせていただきます。)

 

A 何事にも挑戦する気持ちを忘れずに頑張れ!

I 真面目が一番

I まずは部活をやりきれるようにがんばれ!

U シス単は2章までで戦える!夏大行くねっ

K 1つのことに打ち込むことが大事!がんばれ!

S 大切なのは勝つことだけじゃないぞ!

S がんばれ!

T 勉強も野球も後悔するな。トレーニング絶対さぼるなよ

T 目標にまっすぐ向かってください。

T 部活と勉強がんばってください。

N 勉強をがんばるといいことあるよ 恋は禁物

H 夏大まであと少し!!悔いの残らないように頑張れ!

F 勉強はしないと後悔するよ!

H 努力は実る!!!

H 英語できない奴は後で困るからがんばって!

M 勝負強さは普段の練習で鍛える!!

Y 夏大に向けて頑張れ!

Y 自分に負けずに頑張れ!

T 何とかなるよ!!!私は何とかなったので幸せです。

  

追伸

卒業生保護者の皆様、本日はありがとうございました。今後も越ケ谷高校野球部の応援をよろしくお願いいたします。

  

顧問 福島 直史

野球部 少年野球教室開催!

1月26日(日)越ケ谷高校グラウンドにて、少年野球教室を開催いたしました。天気の心配もありましたが、開始前には雨も上がり、無事に開催することができました。4つの少年野球チームから約60名の野球少年、野球少女が参加をしてくれました。選手たちはキャプテンを中心に役割分担や当日の流れを考え、すべて自分たちの手で実施しました。教えることの難しさを感じながら、参加してくれた野球少年、野球少女と楽しく取り組んでいました。私たち指導者としては、高校野球人口の減少が顕著となる中で、楽しそうにボールを投げたり、打ったりしている少年少女の姿は、とても灌漑深いものでした。これからも地域の皆様に愛される野球部になれるよう努力してまいります。寒い中、御参加いただいたチームの指導者の皆様、保護者の皆様、そして野球を愛する少年少女の皆様、本当にありがとうございました。

来年度もお待ちしております。

野球部 越谷市民大会準決勝、決勝結果

11月9日、10日に行われた越谷市民大会の準決勝、決勝の結果を報告します。

 

準決勝 越ケ谷 5 - 3 越谷西  勝利

越ケ谷高校が後攻で始まった試合は、1回裏エラーと四球、盗塁で2死1,3塁とし、5番小倉(郁)の右前適時打で先制。3回にも無死から連続四球と暴投で無死2,3塁とし、4番大庭の犠飛で1点を追加。5番小倉(郁)の右前適時打で1死1,3塁とし、6番小倉(雄)の打球が相手捕手の野選を誘い、さらに1点を追加。5回に1点を返されるも、6回1死から8番三村の2塁打、9番福田の3塁打と2番秋山のスクイズで2点を追加。8,9回に1点ずつを返されるも、最後は3塁ゴロ併殺でゲームセット。先発の三村は8回2失点の好投。2番手の大野もピンチをしのぎ、勝利した。

 

決勝 越ケ谷 6 - 7x 獨協埼玉  敗北(準優勝)

 

越ケ谷高校の先攻で始まった試合は、2回表死球で出た走者を犠打で送り、8番北島の3塁打で1点を先制。その北島が相手投手の暴投で帰還し、幸先よく2点を先制。その裏、テンポよく2死を取るも、6番から3連打を浴び2点を失い同点に。4回裏、安打で出た走者を捕逸、犠打、暴投で生還を許し、1点をリードされる展開に。5,6回はお互いに無得点で進み終盤を迎える。7回表、先頭の7番小島が左越え3塁打を放ち、8番北島の犠飛で同点とする。その裏、2死1塁から2連続長打を浴び、2点を失い再び追いかける展開に。8回表、1死から3番菅原の左前打、4番大庭が四球を選び1,2塁とし、5番小倉(郁)が右前適時打を放つ。ここで、相手の隙をついて小倉(郁)が2塁へ進塁する間に、3塁走者大庭が本塁へ。間一髪セーフとなり再び追いつく。その後は2塁走者を返すことができず8回裏の守備へ。8回裏、先頭に3塁打を許し、失策で1点を許してしまう。1点ビハインドの9回表、8番北島の左前打と9番福田の四球、1番加藤のバント内野安打で無死満塁と絶好の好機を作る。2番秋山が犠飛を放ち、同点に追いつく。3番菅原の時に、相手捕手がワンバウンドのボールを少しそらしたところで、果敢に3塁を狙うも相手捕手の好送球でタッチアウト。同点でこの回を終えてしまう。9回裏。粘投の先発北島が2死を取るも、相手4番の内野安打で走者を許す。そして5番のレフトへの打球に菅原が果敢に飛び込むも紙一重で捕球できず、1塁走者の生還を許しゲームセット。悔しい敗戦となった。

 

秋の大会でなかなか結果が残せなかった新チーム。もがきながら1日1日を大切にやってきたことが出せた大会でした。ミスも多く課題も山積していますが、そんな緊張感を経験できたことを前向きにとらえ、これからの冬、大きな自信と悔しさを胸に、さらに練習に励んでいきたいと思います。

 

御声援いただいた父兄の皆様、3年生と3年生の父兄の皆様、関係の皆様に感謝申し上げます。これからもよろしくお願いいたします。

 

14日(木)県民の日に以下の通りエキシビジョンゲームが予定されております。

11月14日(木)県民の日

@越谷市民球場  10:00試合開始予定

越ケ谷高校 vs 草加高校(4市大会準優勝チーム)

 

顧問 福島直史

野球部市民大会1,2回戦 結果

11月3日、4日に行われた越谷市民大会1,2回戦の結果を以下の通り報告します。

 

11月3日 越谷総合技術高校 0 - 10 越ケ谷 (5回コールド)

11月4日 越ケ谷 4 - 2 叡明

 

1回戦は初回に8点をあげる猛攻を見せ、5回コールドで勝利。

2回戦は接戦となりました。7回を終わって2-2となり、手に汗握る展開となりましたが、8回5番小倉(郁)の右越え3塁打と6番小倉(雄)のスクイズで勝ち越し。9回にも1番加藤の左翼線2塁打で出た走者を2番秋山が犠打できっちり送り、3番菅原の犠飛でさらに1点を追加。守っては、先発の北島が完投し相手打線を2点に抑え勝利しました。

 

2回戦を勝利したことで、次週の準決勝に駒を進めることができました。

両日とも、父兄の皆様をはじめ関係者の皆様に多大な御声援をいただきありがとうございました。

準決勝、決勝と2連勝し、優勝を目指して頑張っていきたいと思います。

今後の日程は以下の通りです。よろしくお願いいたします。

 

準決勝 11月9日(土)  9:00~ 対 越谷西高校

決勝  11月10日(日) 12:30~ 対 獨協埼玉と越谷北の勝者

3位決定戦 11月10日(日) 10:00~ 対 獨協埼玉と越谷北の敗者

顧問 福島直史

野球部 越谷市民大会日程

11月3日より開催されます、越谷市民大会の日程は以下の通りとなりました。

会場はすべて越谷市民球場となります。

よろしくお願いします。

 

1回戦

11月3日(日)文化の日 9:00試合開始予定(開会式後)

対 越谷総合

2回戦

11月4日(月)振替休日 9:00試合開始予定

対 叡明

 

準決勝 11月9日(土) 9:00試合開始予定

3位決定戦 11月10日(日) 10:00試合開始予定

決勝 11月10日(日) 12:30試合開始予定

 

顧問 福島直史

 

野球部 1回戦結果

本日岩槻川通り球場にて、秋季東部地区大会1回戦、鷲宮高校戦が行われました。

猛暑の中、延長15回タイブレークにもつれ込む大熱戦となりました。

結果は4-5で敗戦となりました。

序盤、1年生の守山、秋山の適時打で2点を先行しますが、中盤追いつかれます。先発の小倉に打球が当たるアクシデントもありましたが、2番手の斉藤が好投し、バックも好守備を連発。2-2のまま延長へ突入します。

延長も堅い守備と斉藤の粘りの投球で0を並べます。タイブレークに入った14回表、相手のミスと途中出場の田辺の内野ゴロで2点を取ります。その裏、相手も粘りを見せ2点を奪われまた同点に。延長15回、越ヶ谷高校は点が取れずその裏、スクイズで1点を奪われゲームセット。

4時間を超える大熱戦。今日の試合を戦い抜いた双方の選手たち、お疲れ様でした。結果は負けてしまいましたが、選手たちは大きく成長したと思います。

試合前のノックでは硬さが見られた選手たちでしたが、試合では随所に好プレーが連発し、持てる力を出し切りました。

これからまた、1日1日を大切に、今日のような試合で勝てるように、練習していきます。

 

暑い中応援してくださった父兄の皆様をはじめ、関係者の皆様に大変感謝申し上げます。これからも越ヶ谷高校野球部一同精進していきますので、よろしくお願いします。

野球部 1回戦順延のお知らせ

本日実施予定でありました、秋季東部地区大会ですが、9月10日に順延となりました。新しい予定は以下の通りです。

球場が変更になりましたのでご注意下さい。

 

9月10日(火) 12時30分試合開始予定

岩槻川通り球場

対鷲宮高校

野球部 秋季東部地区予選組み合わせ決定

9月6日より開幕する秋季大会東部地区予選の組み合わせが決定しましたので報告します。

 

1回戦 9月9日(月)12:30試合開始予定

庄和球場 対鷲宮高校

2回戦 9月11日(水) 12:30試合開始予定

岩槻川通球場 対草加西と三郷北の勝者

 

雨天順延になりますと、球場の変更の可能性があります。

随時更新していきますので、御確認よろしくお願いします。

 

2回勝利すれば県大会出場です。

9日の初戦に向けていい準備をして臨みたいと思います。

よろしくお願いします!

顧問 福島直史

野球部 新人戦1回戦結果報告

17日(土)に行われた新人戦1回戦、昌平黌高校との試合結果を報告します。

 越ケ谷高校が先攻、昌平高校が後攻で始まりました。
 気合の入ったベンチの雰囲気そのままに、初回からバットを積極的に振っていきます。しかし、3回まで相手投手をとらえることができず、3者凡退が続きます。
対して相手打線には、3回までに2本塁打を含む10安打を集められ、合計8点を失います。先発小倉郁も相手強力打線にひるまずに、強気の投球を続けましたが、それを上回る打線だったように思います。

それでも、選手の気迫が衰えることなく、攻撃に向かいます。すると、5回表4番大庭の安打や7番小島のセーフティーバントなどで1死満塁の好機を作ります。そして、途中から登板し8番に入った齋藤が右前打を放ち、新チーム公式戦初打点を挙げます。その後2つの押し出しで2点を追加し、この回合計3点を返します。追い上げムードを作り前半を終え、後半に入りました。しかし、6回裏2点本塁打と内野安打の間に1点を失い6回コールドゲームが成立。悔しい敗戦となりました。

 

結果

越ケ谷 3 - 13 昌平  敗戦

 

新チーム初の公式戦で、多くの課題を感じた試合でした。しかし、選手たちは新チーム始動から練習試合を重ね、一つずつ課題を克服してきました。そんな努力の跡か垣間見えたプレーや声掛け、ベンチの雰囲気など多くの成果があったように思います。

選手たちは、直面した課題に前向きに取り組んでいます。秋、また成長した姿が見せられるように練習に励んでいきます。

御支援、御声援いただいた父母の方々、関係者の皆様、また、審判をしてくれた3年生、応援に駆け付けてくれた3年生とその父母の皆様、暑い中本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

顧問 福島 直史

野球部新人戦日程

新チーム始動後、初の公式戦となる東部地区新人戦が8月17日(土)より、東部地区4球場にて開催されます。
越ヶ谷高校の試合日程は、抽選の結果以下のように決まりましたのでお伝えします。

1回戦 8月17日(土)春日部牛島球場第2試合(12:30プレイボール予定)
     対昌平高校

勝ち上がると、20日(火)、23日(金)、24日(土)、25日(日)に越谷市民球場で試合となります。
試合結果や予定の変更は順次更新いたします。

野球部 夏大会結果報告

本日、第101回全国高校野球選手権大会埼玉大会2回戦(本校にとっては初戦)が行われました。試合経過と結果を御報告いたします。

 

主将櫻井がじゃんけんで勝ち、叡明高校が先攻、越ヶ谷高校が後攻で試合が始まりました。

初回、先発原田は先頭打者に安打を許し2番打者の犠打で12塁のピンチを招きますが、34番を打ち取り無失点で切り抜けます。その後、原田は3回まで制球よく落ち着いた投球で、相手打線を無失点で抑えます。対して攻撃は、初回は2死満塁、2回もチャンスを作りますが、得点できません。しかし、3回裏先頭の2番池澤が四球を選び、3番櫻井の犠打、4番中林の進塁打となるセカンドゴロで23塁のチャンスを作ると、5番峰が右前打を放ち、先制点を取ります。

 優勢で進めた序盤でしたが、グラウンド整備後の4回表、原田は先頭の2番打者を四球で出した後、3番打者の投ゴロの2塁送球が逸れ、無死1,2塁のピンチを背負います。次の4番打者に許した右前打の時に送球が逸れ2点を失うと、その後も長打と犠飛で2点を失い、この回4点を失います。6回には相手4番打者に本塁打を許し点差は4点に。攻撃は、毎回のようにチャンスを作りますが、あと1本が出ない展開。6回には好投の原田に代打大庭、7回には7番吉田に代打内山、8回には2番手で2回無失点と好投した北條に代え、代打武岡と、反撃を試みチャンスを作るも得点できず。9回裏、3番櫻井が意地の2塁打を放ちチャンスを作りますが、後続が打ち取られゲームセット。安打は相手を上回り、点差以上の接戦だったように思いますが、野球の難しさを感じる悔しい敗戦となりました。

 

結果

越ヶ谷 1 - 7 叡明  敗戦

 

投手 原田、北條、堀井 - 米窪                          

 

メンバー
記録員 立澤
ベンチ脇ボールボーイ 浅井

1右 石濱、2三 池澤、3四-六 櫻井、4左 中林、5一 峰、6中 藤原、7遊 吉田-打 内山-四 小倉、8捕 米窪、9投 原田-打 大庭-投 北條-打 武岡-投 堀井

ベンチ入り

3年 田口(ムードメーカー、野球博士)、小林(司令塔、道具博士)、瀧口(3塁コーチャー、トレーニング博士)、2年 小島、福田

応援団、サポート 
3年生 坂入、
2年生13人、1年生10

 

本当にお疲れ様。

 

 

球場に駆け付けてくださいましたダンス部、吹奏楽部、父母会、OB、関係者の皆様、盛大な応援ありがとうございました。相手に負けない声援が、ベンチにもたくさん届いていました。

3年生は引退となりますが、3年生の悔しい思いを後輩が必ず力に代えて頑張ってくれると思いますので、これからも温かいご声援よろしくお願いいたします。

顧問 福島直史

野球部 夏、組み合わせ決まる!

第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会(甲子園予選)の組み合わせが決定し、初戦の日程が決定しましたので報告します。

7月12日(金) 越谷市民球場第1試合 10:00~
          対 叡明(えいめい)高校 (Dシード)


初戦からシード校との対戦となりました。
平日ではありますが、球場での声援が選手たちの大きな力となりますので、越谷市民球場まで足を運んでいただけると幸いです。
また、夏の開幕に向けて多くの方々に御支援・御協力いただいていること、大変感謝申し上げます。野球部の卒業生も頻繁にグラウンドまで足を運んでくれています。選手たちの大きな励みになっています。

チーム越ヶ谷一丸となって向かっていきましょう!

顧問 福島直史

野球部 春季県大会結果報告

4月23日(火)所沢航空記念公園球場にて、春季県大会聖望学園戦が行われました。
試合経過と結果を報告します。

  聖望学園が先攻、越ケ谷高校が後攻で始まりました。
 初回、先発原田の立ち上がり。先頭打者を三ゴロに打ち取った後、四球で出した走者を相手の4番打者の二塁打で返され、先制されます。さらに6番打者にタイムリーを浴び合計2点を先制されます。しかしその裏、3番主将櫻井に左翼越えのホームランが飛び出し、1点を返しチームに勢いを与えます。2回の表、原田が立ち直り3者凡退に切って取り、追撃の流れを作り出します。その後は5回まで原田が粘投し、走者を出しながらも無失点で切り抜けます。原田の粘投に応え追撃したい打線ですが、相手投手のボールをなかなか捉えきれず、2回、5回に走者を出すものの追加点を挙げられません。前半は、どちらも追加点が挙げられず緊迫した展開となりました。

6回表、相手の攻撃で四球などから2死満塁のピンチを背負い、3番打者に2点タイムリーを浴びてしまいます。バッテリーのミスもあり、3点を奪われます。反撃したい越ヶ谷高校はその裏、先頭の藤原が四球を選び、この試合初めて先頭打者が出塁しますが、後続が倒れ反撃ならず。7回にも四球と代打内山の安打でチャンスを作りますが、あと1本が出ず点を取ることができません。7回以降は、堀井、北條の継投で1点に抑えますが、最後まで相手投手を打ち崩すことができず試合終了。1-6で敗戦となりました。

 

初回に2点を取られた後、櫻井の本塁打でベンチもポジティブにいい雰囲気になりました。しかし、その雰囲気だけでは勝てないのがシード校。「やれる!」という収穫と「まだ足りない」という課題を感じた試合だったように思います。ミーティングでの選手たちの悔しさがにじみ出た表情を見ると、何かこみあげてくるものがありました。この夏のさらなる躍進へ!!この悔しさを糧に、選手たちは絶対にもっと強くなると確信しています。

 

 応援いただいた大勢の父母会の皆様、また関係者の皆様、越ヶ谷高校の春季大会は終了しましたが夏に向けて日々さらに精進していきますので、一際暑い夏となることを御期待ください。

4月23日(火)所沢航空記念公園球場
越ヶ谷 1 - 6 聖望学園

顧問 福島 直史


春季県大会組み合わせ

昨日、春季県大会の組み合わせ抽選会が行われ、越ヶ谷高校は以下の日程・対戦相手となりましたので報告します。

4月23日(火) 所沢航空公園球場 12:30~
対 聖望学園高校

1回戦はシード校との対戦ということになりました。
いつもの自分たちのプレーを思い切り発揮してほしいと思います。
平日になりますが、御声援のほどよろしくお願いいたします。
顧問 福島 直史