水泳部からのお知らせ

水泳部 大会報告

 1月28日(土)川口市立東スポーツセンターで開催された東部支部大会に出場しました。1月初めに体調不良になってしまった選手もおり、少々不安を抱えての大会となりました。

 結果は全員が自己ベストを更新し、16種目13名が入賞を果たしました。女子総合6位、男子総合4位と学校対抗でも賞状をいただくことができました。今年度最後の大会をいい形で終えることができました。2月からの冬シーズンもみっちり鍛えて、来年度新入生を迎える準備をしていきます。

                


少々さかのぼって、年末年始の様子を報告します。

2016年12月は、今回で3回目となった花咲徳栄高校での合同合宿に参加してきました。過去最多の9名が参加し、うち3名が1年生でした。初参加の1年生は、練習量の多さに衝撃を受け、食事量の多さに衝撃を受け、周りの選手の強さに衝撃を受け…涙を流しながらもなんとか頑張りました。昨年を経験している2年生は、1年前と比較すると覚悟を決めた表情で取り組む選手が多かったです。最終日のメニューを聞いて(50m×40 Hard)、笑えるくらいの度胸がついていました。貴重な経験をさせていただき、花咲徳栄高校をはじめとする多くの方々に感謝したいです。

      
                            余裕な2年生とひきつる1年生
  
女子もモリモリ食べます!
  
練習後はおにぎりで栄養補給。            疲れ切って放心状態でむしゃむしゃ。
武南高校さんからのプレゼントです。


さて、新年に入ってからは恒例の書初めで今年の抱負を発表し合いました。年々、選んでくる言葉がレベルアップしています。2017年も越ヶ谷高校水泳部、頑張ります!

水泳部 公立高校大会

夏休みを締めくくる大会でもある公立高校大会に出場してきました。

多くの選手が自己ベストを樹立しました。8月1日2日の国体予選から1ヶ月も経たないうちに迎えた大会で、更にベストを更新できた選手はこの夏の成果だと思います。

そして今年は、初の女子自由形で4位と8位に入賞した選手が出ました!なかなかベストが出ない時期を乗り越えての入賞は、チームにいい刺激を与えてくれました。


そして、怪我で学総に出場できなかった3年生の引退レース。
一種目目は、スタートでやはり痛みが出てしまい踏ん張りきれずにフォルススタート。失格。
不安の中臨んだ二種目目は、なんとかスタートも成功。完泳を果たしました。今までお世話になった人たちに感謝を込めて泳ぎ切りたい、この一心でリハビリに取り組んできました。自己ベストには遥か及ばないタイムでしたが、本人の緊張感と精一杯の頑張りは見ている人たちに届いたと思います。お疲れ様でした!


いつもよりハードな練習の積み重ねからか、怪我や故障・身体の違和感を抱えていた選手も多くいました。なんとかケアをして全員がレースに臨めて一安心です。以前に比べて、不調を訴えて練習を休むということが減り、なんとか練習に参加しようとしている姿が増えてきたように感じます。強くなるためには当たり前のことですが、これもチームの変化かなと感じます。


今回も応援に足を運んでくださった保護者の方、OBのみなさまありがとうございました。

水泳部 夏合宿

 今年も夏合宿を実施しました。

 午前・午後の2回練習で、初日は9,800m、2日目は7,750m。距離は昨年ほどではありませんが、内容で追い込めたかと思います。初日、2日目は100mでのメイン練習、最終日は50mでスピードを重視した練習を行いました。練習後の陸トレでは、身体が動かない中、選手同士声を出し合い(悲鳴にも聞こえたが…)、何とか一人も脱落することなく全員が全てのメニューをこなしました。

 顔を見せてくれた先輩たちからのアドバイスや応援を受けて、部長・副部長を中心に良い雰囲気で3日間過ごすことができました。合宿中のチームの雰囲気や練習への取り組み方は、年々いいものになっている気がします。

 毎年恒例、チーム目標の発表では「報本反始(ほうほんはんし)」という言葉が発表されました。~根本に立ち返ってその思いを改めて肝に銘じること。恩恵や功績に感謝しこれに報いようと決意を新たにすること~

 「プールの無い自分たちが、こうやって泳ぐことができているのは多くの人のサポートがあってのこと。今ある環境は当たり前ではない。このことへの感謝を忘れず、水泳部として一生懸命活動をし、結果を収めて、感謝を表していこう。」そんなことを部長が話していました。

 まずは、公立高校大会でどのような結果が出るのか楽しみです。
  
練習開始                      精神統一中(?)
 
朝の散歩&体操                 食堂にお世話になりました
 
2年生チーム 割と元気       1年生チーム 黙々と
 
2日目の朝もなんとか元気でした        「入りたいなぁ」とマネージャー

練習後のストレッチ 極楽

今年も夕飯は自炊
 
サラダを作る凸凹コンビ              1年生米担当 手間取ってます
 
1年生 みんなでお米をなんとかしてたら…  騒がしい1年生を横目に、灰汁取り
「カレー吹きこぼれてるーーー!!!!」    までしてます 2年生
 
 

国体予選 水泳部

 8月1日、2日と青木町公園プールにて開催された国体予選に参加しました。

 夏休み中の大会はこの国体予選と公立高校大会の2つです。今回は、大会前の練習もテーパーはかけずに、トレーニングを積んだ上での参加となりました。

 学総での大爆発と比較すると地味な結果ではあったものの、今回も多くの自己ベストを更新することができました。しかし、今回はレースについても、チームとしての行動についても課題がはっきりとした大会でもありました。レースについては、練習での取り組み姿勢がそのままレースに表れたなぁという感想です。特に、練習であまい部分はそくりそのままあまいレースに。
 チームとしては、3年生が引退して初めてのメンバーでの大会となりましたが、もっともっといい雰囲気のチームになるはずです。

 8月に入り、いよいよ夏本番。15日からの合宿でもう一皮剥きたいと思います。

 今回も応援に来てくださった保護者のみなさま、OBのみなさまありがとうございました。

水泳部 学校総合体育大会

2016年度がスタートして早くも3ヶ月が経ちました。5月に、スプリント大会で1年生が大会デビューを果たし(2種目において泳法違反で失格という悲しいデビュー戦となりました。)、徳栄杯では久しぶりの100m種目にも出場しました。

そして、様々な思いを抱えて迎えた学校総合体育大会。3年生の引退レースです。

驚くべきタイムをたたき出す1,2年生。肝心の3年生はというと…

出場した全員が自己ベストで有終の美を飾ってくれました。中には、掲げていた目標タイムには届かず悔しい表情を見せる者、卒業していった先輩にに誓ったタイムには届かず少々残念がる者もいましたが、全力で臨み、全ての力を出し切ったことと思います。

あっと言う間に過ぎてしまった2年とちょっと。上手くいかない事、思いどおりにならないことも多くあった中、ぐっとこらえて耐えて頑張り続けた結果が「自己ベスト」という形で表れたことをうれしく思います。

そんな3年生が創り上げてきてくれた水泳部ですが、今回の大会をとおしてチームの絆の深さも実感することができました。

自分のレースはもちろんですが、仲間の泳ぎにアドバイスをする姿や、仲間の自己ベストを自分のことのように喜ぶ姿が多く見られたこともうれしく思います。



また、大会直前で怪我をしてしまい、今大会に出場できなかった3年生が1名いましたが、8月末の公立高校大会まで現役を続ける決意を決めました。悩んで悩んで出した答えを、顧問・部員ともに応援していきたいと思います。

応援してくださった保護者の皆様、先生方ありがとうございました!


女子平泳ぎ陣


長水路デビューの一年生



リレー種目も越高新記録

笑ってる?最後に自己ベストをたたき出してくれました!



やりきった表情。

リレーメンバー。先輩とのラストレースでした。

こちらもラストレース。先輩・後輩対決。

水泳部2016スタート

 2015年は中央中学校、ポニースイミングスクールをはじめとする多くの方々に大変お世話になり、ありがとうございました。

 2015年の締めくくりには、花咲徳栄高校での強化合宿に参加してきました。この夏に引退した3年生が「徳栄合宿は練習も食事もハードだけれども、チャンスがあったら絶対に参加してほしい」という言葉を残してくれました。その言葉に後押しされて、今年は9名の選手がチャレンジすることになりました。

 普段にも増して厳しい練習、そしてレベルの高い選手に混ざっての練習となりました。初参加の選手はド緊張の中、昨年を経験している2年生がリードし前向きに乗り切ることができたと思います。

 自分と向き合い、多くの刺激を受けた4日間となったのではないでしょうか。この経験を今後にどう生かしていくのか、新たな目標をどこに設定していくのか、自分の課題をどう克服していくのか。越ヶ谷高校水泳部の成長が楽しみです。

 花咲徳栄高校の先生方、選手のみなさんに感謝したいと思います。


朝練は朝日とともに
  
練習は毎回必死でした。サークルオーバー多数。
  

  


練習後の至福のひと時

今年は余裕の表情。誰も泣いていません。

おにぎりおいしーい!武南のマネさんありがとう。

武南高校と一緒に。新たな仲間が増えました。


 そして、年が明け2016年。まずは、心機一転、新年の抱負を書き初めで表しました。




どれぞれの思いを四字熟語に表しました。今年はどんな年になるでしょうか。選手たちの飛躍を期待したいと思います。

2016年も越ヶ谷高校水泳部をどうぞよろしくお願いいたします。

水泳部 公立高校大会結果

 8月22日(土)川口青木町公園プールで行われた公立高校大会に出場してきました。

公立高校のみが参加できる大会のため、入賞を目標とする生徒も増える大会です。合宿の成果が発揮されるか…リレーでの初入賞が叶うのか…と期待感を持って臨みました。

結果は、16種目において自己ベストを記録しました。そのうち、2種目において入賞することができました。入賞した生徒は、昨年タイムが伸び悩み苦しんでいましたが、他校との合同合宿に参加させてもらい多くの方からアドバイスを頂きつつ頑張ってきました。自己ベストには0.1秒及びませんでしたが、兆しが見えてきて今後に期待できそうです。今年の入賞には、本人も笑顔を見せていました。

リレー種目では、女子は惜しくも9位。入賞が見えていたからこそ悔しい結果です。男子は、3年生が引退してバタフライは誰が泳ぐのか???という状態でしたが、何とか4人そろって出場しました。今後の課題です。

 次の大会は9月の新人戦です。8月の初旬とは打って変わって寒いプールの中、さらに練習に励みます。


水泳部 夏合宿

 8月9~11日、校内合宿を行いました。

9日の午後練習。メインセットは100m×2本×5セットのハード。フレッシュな1年生が好タイムをたたき出していました。

10日の午後練習。メインセットは50m×6本×3セットのハード。引退した3年生や保護者の方々が応援に来てくれた中、チーム全体が集中した雰囲気で行えました。

11日の午前練習。合宿を締めくくるメインセットは、100m×10本のハード。前日とは打って変わって、どよーーんとした雰囲気。気持ちで負けている選手が多く、今年のチームはこんなものか……と不安が募る中スタート。
しかし、本数を重ねていくにつれて、気持ちが入ってきた選手がタイムを上げてきました。また、2年生の積極的な泳ぎや全体への励ましの声に引っ張られて、だんだんとチームの雰囲気も高まり、疲労困憊の1年生も力を出し切り完泳することができました。


今年のチームは、1年生、2年生がそれぞれ違った雰囲気を持っています。今後、さらに互いの良さを発揮し合い、高め合っていけることを期待しています。


応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。




練習と食事の様子。

夕飯づくり。手際の良い女子チーム。

一方男子は、会議中。

ハンバーグです。お肉は約3キロ買いました。

始まりました。男子チーム。

続いて、お肉どうするの?の作戦会議。

女子チーム、できました!

今度は、ソースどうする?の作戦会議。

男子チームもできました!

勝ったらハンバーグ3個。のじゃんけん。

男子は、良く食べる生徒が多くて頼もしいです。

水泳部 国体予選

 8月1、2日に川口市青木町公園プールで行われた国体予選に出場してきました。

結果は、自己ベストを全員更新することができました。ただ、もっとタイムが出るはずだった選手や専門種目では自己ベストに届かなかった選手もおり、課題も残る大会となりました。

今年の夏は、昨年よりも暑い気がする…プールもこんなに水温高かったっけ…?と声を揃えて言っていますが、これからが本番。夏合宿で一皮剥けたいと思います。

今回の国体予選は、3年生が引退し新体制となって初めての大会でした。チームとしては、いくつかのミスもあり、まだまだ心細い状態です。この夏をとおして、チーム力をどうやって向上させていくかが大きなテーマです。2年生の動きに注目です。

水泳部 学校総合体育大会

 6月26日(金)~28日(日)川口青木町公園プールで開催された学校総合体育大会に参加しました。

 1年生の多くは初めての長水路、2年生は一年間の成果を試す機会、3年生にとってはラストレースの場となりました。多くの1,2年生が自己ベストを樹立する中、3年生も魅せてくれました。

 まずは初日、小川の100自由形。自己ベストを9秒も上回る驚きのタイムでチームに勢いをもたらしました。昨年1年間なかなかベストが出ずに苦しみながらも、「ムゲン実行」を胸に努力を続けた成果が表れました!!「努力は裏切らない」ことを証明してくれました。

 2日目は、キャプテンの石本。体力をつけて、自分の専門種目である200m個人メドレーで勝負しました。わずかではありますが自己ベスト更新。さらに3日目の800mリレーでは、3年生らしくアンカーに抜擢。前半の入りから好調で、周りも自分も驚くようなタイムをたたき出しました。チームに対する思いが伝わってきました。

 そして3日目、100m平泳ぎの島村。いつもはケロッとしている彼女ですが、当日は朝から不安いっぱいの表情。今更ながらゴーグルのつけ方を確認してレースに臨みました。結果は自己ベストを7秒上回るタイムでフィニッシュ。安心感と悔しさと2年半の思いが涙と一緒にあふれてきました。

 3年生、お疲れ様!

 まだ、寂しさが残りますが7月3日から新体制でスタートします。この夏も越ヶ谷高校水泳部、頑張ります。今大会、保護者の方々、先生方、OBOG、同級生と多くの方々が会場まで足を運んでくださったことに感謝いたします。ありがとうございました。