少林寺拳法部からのお知らせ

全国少林寺拳法選抜大会





2017年3月24日から26日まで、香川県善通寺市で行われた「第20回全国高等学校少林寺拳法選抜大会」に参加してきました。

以下の4部門、7名が出場しました。
男子規定単独演武 竹之内くん(1年)藤井くん(1年)
男子自由単独演武 柴田くん(2年)
男子規定組演武 北田くん・堀越くん(1年)
女子規定組演武 筧田さん・宇田川さん(1年)

男子規定単独演武の部門で竹之内くんが決勝に出場しました。
本校の選手で全国の決勝の舞台に上がるのは5年ぶりの快挙でした。
3日間通じて、実りも反省も多い充実した大会となりました。この経験を日常の練習の中で生かしていきたいと思います。

最後に、壮行会を実施して頂いた学校関係者の方々、大会関係者の方々、保護者の皆様に感謝申し上げます。

結果の詳細は、「高体連少林寺拳法専門部のホームページ」をご覧ください。

新入生の方へ
4月4日(火)、5日(水)、6日(木)の3日間、午前9時から12時まで部活見学・体験入部を受け付けております。お気軽にご参加ください。場所は食堂横にある格技場1階です。

顧問 中里・瀬木

少林寺拳法部 県内高大合同練習会

 本日、岩槻北陵高校で行われた県内高校大学少林寺拳法部合同練習会に参加してきました。
 普段の練習でついつい疎かにしてしまいがちな、構えの意味や基本の大切さを改めて学ぶことができました。
 埼玉大学で練習を継続しているOBからの挨拶もあり、充実した一日となりました。
 この場を借りて、主催して頂いた埼玉大学の皆さん、ご指導頂いた各大学の監督の先生方にお礼を申し上げます。

 来週から期末考査、高校入試としばらく休みが続いてしまいますが、3月から大会に向けて頑張っていきたいです。

 顧問 中里:瀬木

 
 
 
 

少林寺拳法部 関東選抜大会の結果

2016年12月24日に、神奈川県藤沢市の秩父宮記念体育館で、第20回関東高等学校選抜少林寺拳法大会が行われました。
本校から、埼玉県および学校を代表して8名の部員が出場しました。

壮行会での全校生徒の応援もあり、6年ぶりに男子生徒が入賞することができました。また、他の生徒もベストを尽くすことができました。
自分たちの練習の成果を出すことができた自信と、まだまだ反省すべき課題も見えてきた大会でした。
本校教員や生徒の方々、遠い中ご参観頂きました保護者の方、大会運営の関係者の方々に御礼申し上げます。

今回の入賞者に加えて関東推薦枠をもらった選手共々、3月の全国選抜では良い結果をご報告したいと思います。

(顧問:中里・瀬木)


男子規定単独演武の部
第1位 竹之内 颯太(1年)
第3位 藤井 健太(1年)

少林寺拳法部 新人大会の結果

11月26日(土)に、埼玉県立狭山清陵高校で、第20回埼玉県高校少林寺拳法大会が行われました。
本校から男女合わせて27名が出場しました。
期末考査直前にあたり、行き帰りの電車の中はテスト勉強タイムとなりましたが、夏以降の練習の成果を十二分に発揮することができました。
今回の経験や反省を、考査後の日常の練習メニューの中でいかしていきたいと思います。
遠い中、応援に来ていただいた保護者の方やOBOGの皆さんに感謝申し上げます。
                                顧問 中里・瀬木

本校の入賞者
男子自由単独演武 3位 柴田 隼杜(2年)
男子規定単独演武 1位  竹之内 颯太(1年)
男子規定単独演武 2位 藤井 健太(1年)
男子規定組演武  3位 北田 雅弥・堀越 英斗(1年)

女子規定単独演武 3位 鶴巻 かりん (1年)
女子規定組演武  2位 宇田川 純・筧田 綾香(1年)

各部門1位は来年3月に香川県・善通寺で行われる全国選抜大会へ
3位までは、来月24日に神奈川県・藤沢で行われる関東選抜大会へ出場します。

少林寺拳法部 昇段審査

本日、県立いずみ高校で少林寺拳法昇段審査が行われました。
本校からは2年生男子3名、女子2名の5名が初段審査に臨みました。
事前の原稿用紙10枚近い宿題に加え、午前に学科試験、午後の技術試験と1日がかりの試験となりました。
事前の詰め込み(?)の成果もあってか、無事に全員合格し黒帯を締めることとなりました。

審査前、審査中は緊張した顔つきでしたが、発表を受けてほっとした表情に一変しました。
入学してから合計7回にわたる審査もこれで一段落ですが、これからが少林寺拳法の技術の醍醐味を味わうことになります。
気を入れ直して頑張ってください。

審査を担当して頂いた県連の先生方、高体連の先生方にもお礼を申し上げます。

顧問 中里・瀬木

少林寺拳法部 夏季部活動見学について

少林寺拳法部は7月26日(火)9時から7月29日(金)12時まで校内で強化合宿を行っています。
午前練習の時間(9時~12時)にお越し頂ければ、顧問より部活動の概要についてご説明致します。
格技場1階で練習を行っておりますので、お時間がありましたら是非お越しください。

なお、8月は耐震補強工事の関係で、校内で練習を行っておりません。

少林寺拳法部顧問 中里・瀬木

少林寺拳法部 春季合宿

  5月2日(月)~5月4日(水)の日程で、校内春季合宿を行いました。
 幹部交代し、2年生が部の中心となっての初めての行事でした。

  早朝からランニング、午前練習、午後練習、夜練習とただでさえハードなスケジュール
 ですが、合宿のメインは全員で千本突き、千本蹴りを達成することです。

 1年生は入部してまだ日が浅いですが、必死についていこうと努力しました。

少林寺拳法部 平成28年度学総大会報告

 4月25日(日)に県立小川高校で行われた学総大会に出場して参りました。

特に3年生は、結果次第で引退というこの大会に向けて一生懸命に練習を積んでいました。

男子は組演武の部で3年生の伊原、荘司組が激戦の中、本選に勝ち上がり、念願の入賞を果たしました。

6月に行われる関東大会の出場権も得られたので、もうしばらく部活に明け暮れる日々が続きます。

    

また、団体演武にも出場しました。
こちらに出場したのは3年生の伊原、荘司、2年生の杉田、富永、柴田、手塚、松崎の生徒達です。

まだ出場枠が空いているから・・・という話を頂き、それを受けて出場を決めたのが大会1週間前ということも
あり、不安はありましたが、息のぴったり合った演武を披露していました。ここに至るまで、それぞれが組演武
や単独演武の練習と掛け持ちしながら、突き詰めた練習をしていました。その成果は十分に発揮できました。
     

女子も活躍してくれました。
単独演武の部で2年生の木内、塚本がそれぞれ4位、6位に入賞し、関東大会出場を決めました。

次の大会に向けて、更なるレベルアップが求められます。

 大会結果: 男子組演武の部    3年生 伊原、荘司組  第6位入賞 (関東大会出場決定)

         女子単独演武の部    2年生 木内 第4位入賞 (関東大会出場決定)
                        2年生 塚本 第6位入賞 (関東大会出場決定)


今大会に向けて、特に男子はよく団結して修練を積むことができました。
今後、部活内では幹部交代で3年生が一線を退き、2年生が中心となりますが、ここまでのよい流れを
是非継続させ、より充実した部活動にしていってほしいと思います。         (顧問:中里、瀬木)
   

少林寺拳法草加大会参加報告

 10月25日(日)に少林寺拳法草加大会に参加してまいりました。

 地域独自の大会のため、参加者全員が楽しみながらアットホームな雰囲気の中で
競技が進行していきました。
入賞者も多く出すことができました。
11月の県新人大会に向けてもよい弾みがついたと思います。

 大会関係者の皆様、大変お世話になしました。


結果: 男子運用法の部(段外) 2位入賞
     女子運用法の部(段外) 1位入賞

          男子組演武の部(段外) 2位入賞
    女子組演武の部(段外) 1位、3位入賞

 
   【大会後、部員揃っての一場面】
    

少林寺拳法部 日本大学合同練習

先週の土曜日に、日本大学文理学部のキャンパスで行われた日本大学少林寺拳法部の練習に参加して参りました。
当日は、日本大学の文理学部、経済学部、法学部、商学部、生物資源科学部の5学部合同練習の日にあたっており、非常に活気溢れる練習メニューを体験することができました。

また、技術練習だけでなく、先生や先輩の動きを見る真剣な眼差しや、アドバイスに対してメモをとって自分のものにしようとする態度、全員が練習時間を有効に使おうとする雰囲気作りなど、道を学ぶ者の謙虚な姿勢についても勉強することができました。

折角の貴重な経験であり、部活動だけでなく、日常の授業や委員会活動、行事など学校生活全般に生かしていきたいと思います。
(顧問:中里、瀬木)

 

少林寺拳法部 大学合同練習

  8月29日(土)に立教大学新座キャンパスにて、立教大学少林寺拳法部の皆さんと
合同練習を行いました。

  大学生の皆さんの練習は、終始メリハリがあり、時間の使い方に無駄がないという
印象です。練習合間の小休止中にも上級生にアドバイスを求めたり、首座(少林寺拳法
では、全体の前に立って練習の指揮を取る者を首座と言います。)の動きを見ながら自ら
声を張り上げて全体を鼓舞したりとそれぞれが自分の役割を把握し、主体的に行動して
いました。 是非とも今後の参考にさせて頂きたいと思います。 立教大学の皆さん、暖かく
迎えてくださり、ありがとうございました。生徒も夏の終わりによい経験をすることができました。

                                    少林寺拳法部顧問 瀬木 中里


  練習後、立教大学少林寺拳法部の皆さんと(最前列が越ヶ谷高校少林寺拳法部生徒)

少林寺拳法部 夏合宿実施報告

 8月16日(日)~19日(木)の日程で夏合宿を実施しました。

 今回の合宿ではこれまでの練習内容を見直し、新たなメニューを取り入れました。
技術練習の前に動的ストレッチやアジリティー、クイックネスを磨くためのトレーニング
を行い、基礎体力を養いました。 暑さも手伝って皆辛そうでしたが、互いに励ましあい
ながら、苦しい局面を乗り越えました。

      


 最終日には運用法大会を行い、この4日間の修行の成果を互いに試し合いました。
男子、女子共に白熱した試合が続き、大いに盛り上がりました。

  男子の部                        女子の部
      


 また、第1回学校説明会(8月20日)での発表に向けた練習も行いました。
単独演武、組演武、団体演武などを組み合わせて時間内に発表できるようにするため、
何度も通し練習を行い、ようやく完成。 当日はバッチリ決められるでしょうか。

       

       

     


 とてもハードな4日間を一丸となって乗り越え、部員生徒たちは確実に成長しました。
練習中、「ファイトー!!」の掛け声や気合を響かせ、苦しくても自分の限界を超えて取り組めた
者が多くいました。 この合宿で得たものを維持、向上させ、今後の大会や学校生活で活躍して
もらいたいと思います。
 ご協力を頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

                                  少林寺拳法部顧問   中里  瀬木

少林寺拳法部 インターハイご報告

7月30日より8月2日まで兵庫県姫路市で開催されました、平成27年度学校総合体育大会(近畿インターハイ)に参加してきました。

少林寺拳法がインターハイ正式種目になって2度目の大会となりました。本校からは3年生で主将を務めていた佐藤くんが単独演武の部で出場しました。練習通りの成果を出すことはできたのですが、残念ながら決勝進出は叶いませんでした。
少林寺拳法は元々「西高東低」であり、関西の方が学校数も多いのですが、力量の差を突きつけられる大会でした。予選落ちという結果は受けとめなければなりませんが、日常の練習を見直し、勝ち上がるために何が必要なのかと考える反省材料をたくさん頂くことができました。今後の練習のなかでいかしていきたいと思います。

インターハイの開催と出場を支えてくださった全国専門部の方々、地元兵庫の先生方生徒の皆さん、越ヶ谷高校の先生方、生徒の皆さんに感謝と御礼を申し上げます。

(顧問 瀬木)

   


 ↓ 大会の結果は以下のバナーをクリックしてください。

埼玉県少林寺拳法大会

今月14日(日)に埼玉県立武道館で行われた、埼玉県少林寺拳法大会に参加してきました。
2年生男子2名による組演武、2年生女子6名による団体演武、顧問2名による組演武の3部門にエントリーしました。
ちびっこや高段者の動き、ライバル校との切磋琢磨など、勉強になるところがたくさんありました。
これから1・2年生とも、昇級試験全員合格に向けて練習が本格化していきます。

顧問 中里・瀬木













少林寺拳法部 校内合宿

5月1日(金)から3日(日)まで3学年合同の校内合宿を行いました。
初日の越谷道院の先生方からのご指導に始まり、早朝マラソンから午前練、午後練、夜練(?)と充実した3日間となりました。
4月の県大会が終わった後の合宿となりましたが、次の大会へ向かう者や引退する者の区切りとして、また、2年生への引き継ぎや1年生への激励など、部活内部での重要な接点として位置づけることができました。
保護者の方には大変お世話になりました。改めまして御礼申し上げます。
また、この時期の校内合宿を支えていただいた学校関係者や、越谷道院の先生方、OBの面々に感謝申し上げます。

顧問:中里・瀬木

 
 

少林寺拳法部 全国高校選抜大会出場報告

 
    3月21日(土)~3月22日(日)、香川県丸亀市で行われた全国高校選抜大会に出場して参りました。 
 遠距離移動のため、20日(金)より現地入りし、多度津町の少林寺拳法総本部にて調整練習を行い、翌日
 の予選に臨みました。なお、今回出場した種目は男子自由単独演武の部です。単独で少林寺拳法の型(形)
 を行い、動作の正確さやキレ、武道の技としての気迫や気合などを点数化して競います。

 大会前日、少林寺拳法総本部にて
    

 出場種目/出場生徒(日程): 男子自由単独演武予選/佐藤 (3月21日)
      

    
 
 結果は悔しくも僅差で予選落ちでした。やはり全国レベルともなると、目に見えるか見えないかの僅かな差が
 勝負を決めることを痛感した大会でした。翌22日(日)は、他出場校の演武を見学し、大会後の技術研修会に
 参加して帰って参りました。残念ながら、結果を残すことはできませんでしたが、今後の大会や活動に向けて
 良い研究材料を得ることができました。出場した佐藤君もこの大会のために一生懸命準備し、渾身の演武を
 見せてくれました。

 今後に向けて更なる修練を積み、また生徒たちに活躍してもらいたいと思います。
 皆様の応援に感謝いたします。
                               
 顧問: 中里
  
 

 

 

少林寺拳法部〜第7回高大合同練習会

本日、立教大学新座キャンパスで行われた第7回高大合同練習会に参加してきました。

大学生の指導の下、基本の突き蹴りや柔法技術を学んだ後、高校生大学生入り混じった団体演武の練習を行いました。
普段の練習では学べない大会の審査ポイントなど、短い時間でしたが実りあるものになりました。
期末考査と入試期間でオフの日がかなり続きましたが、今週から本格化する練習に生かしていきたいと思います。

関東学生連盟のみなさんには、準備を含めお世話になりました。

顧問:瀬木
 
 
 
 

少林寺拳法部 昇段審査

本日11月9日、戸田市スポーツセンターで、2年生13名が少林寺拳法の昇段審査に臨みました。
昨年の7月に6級、8月に5級、10月に4級、そして今年に入って1月に3級、4月に2級、7月に1級と6回の級審査を経て、いよいよ高校生活最後となる昇段審査を迎えました。

1週間前までに400字詰め用紙8枚以上の宿題を提出した上で、午前中は筆記試験、午後に入ってからは基本、法系技術、運用法、組演武の実技試験が行われました。県内の高校生も多数参加し、会場となった剣道場は気合と熱気で溢れていました。

模擬審査形式による5時間ぶっ続けの練習の成果もあり、部員13名が無事に全員合格することができました。
朝方は、前日夜遅くまで学科試験の勉強をしたためか、疲れと緊張の入り混じった顔つきでした。しかし、合格を聞いてから心身ともにホッとした表情になっていました。

審査後、顧問より、支えてくれた先生や先輩、家族に対する感謝の気持ち、周囲からの信頼やリーダーシップ、礼儀や態度、後輩への責任感についての話がありました。技術的にもまだ黒帯を「前借り」したに過ぎません。引退するまでに、黒帯に「見合う」ような技術の研鑽に励んでほしいと思います。

最後に、全国大会の準備運営でお忙しい中、本校の部員の面倒を見ていただいた県連の先生方、並びに保護者の方に御礼申し上げます。

(顧問:瀬木、中里)

少林寺拳法部 インターハイ結果

2014年8月7日から10日まで、千葉県成田市の中台運動公園体育館で開催された全国高等学校総合体育大会に参加してまいりました。

少林寺拳法は4年前に全国高体連に加盟して、今年が初めてのインターハイ正式種目となります。開催県の千葉県に負けずに、埼玉県勢も全学校が集まって強化練習を重ねてきました。
本校からも女子組演武の部で3年生2名が出場しました。組演武の部は予選1回目・2回目の合計点で争われます。予選1回目は程々だったのですが、予選2回目で大きく差を広げられてしまい、決勝に出場することはできませんでした。65組中16組しか決勝に上がれない激戦なのですが、アクシデントもありながらも最後まで諦めずに意地を見せることができました。
決勝進出者との「技術」的な差は僅かなのですが、「運歩」や「スピード」といった身体面、「気合い」「気迫」といった精神的な面で弱さが出てしまいました。普段の練習に対する「気構え」を見直すことができるよいチャンスとなることできました。下半身の強化と日常からの行動の変化を意識して、来年度結果を残したいと考えております。

今回大舞台の中でトライするきっかけを与えて頂いた千葉県の方々、役員の方々、学校の方々、保護者の方々、遠い中応援に駆けつけてくれた後輩の方々に感謝申し上げます。

(顧問 瀬木・中里)

 


大会の詳細は以下をご覧下さい。

少林寺拳法部 東京大学合同練習

本日、東京・駒場キャンパスで東京大少林寺拳法部と合同練習をさせていただきました。
2時間という時間でしたが、全く無駄な時間がなく、メリハリのある練習内容でした。
幹部の学生の的確な指示と、真剣に学ぼうとする態度、緊張感のある雰囲気、どれも勉強になることばかりでした。

練習後には、数学の勉強法なども教わり、充実した時間を過ごすことができました。
少しでも普段の練習に活かしていきたいと思います。

学校の勉強も、部活の技術も、根本は同じであります。
先生・先輩の教えを丁寧に真似ようとする観察眼と、頭の中で考えながら何度も繰り返す実行力の2つです。
本日の経験を日常の授業でも実践していきたいです。

                                  (顧問:瀬木・中里)