野球部からのお知らせ

野球部 夏大会2回戦結果

本日、夏大会2回戦(トーナメント上は3回戦)が行われました。

試合の詳細と結果を報告します。

 

越谷市民球場 14:30プレイボール

越ヶ谷 1 - 2X 草加東

スターティングメンバー

①8 加藤  ②6 福田  ③7 菅原  ④3大庭  ⑤9 木村 → 浜田(7裏)  ⑥2 小島  ⑦4 小山  ⑧5 小倉雄  ⑨1 三村

サブ

3年  斉藤  横井  平野  浜田  大野

2年  小倉郁  玉井  秋山  藤代  田辺  山原

記録員

3年  岡田  鈴木

 

 越ヶ谷の先攻、草加東の後攻で試合は始まった。初回、越ヶ谷は1番加藤が痛烈な当たりを放つが惜しくも三塁ライナーとなる。2番福田、3番菅原も凡退し、初回は3者凡退に終わる。その裏、先発三村も上々の立ち上がりを見せる。直球の走りが良く、ファールでカウントを整えながら有利に投球を進めていく。2死1塁の場面では相手4番打者も直球で押し込み、中飛で打ち取る。

 2回、越ヶ谷の攻撃。先頭の4番大庭が死球で出塁すると、5番木村が1球で犠打を決め、1死2塁とする。この好機に6番小島が三塁手強襲の適時2塁打を放ち、1点を先制する。

 試合はその後こう着状態となる。越ヶ谷の攻撃は3回に1番加藤の中安打、4回に5番木村の右安打、5回には2四球で好機を作るも、生かすことができず追加点を取れない。もどかしい展開の中、先発三村は5回まで、相手打線を内野安打の1安打に抑える快投を続ける。

 グラウンド整備が終わった終盤の6回、越ヶ谷の攻撃は2死から4番大庭が中安打を放つも、後続が倒れ追加点は奪えない。その裏、相手打線は1番からの好打順。球数も増え、正念場を迎えた三村だったが、ここを3者凡退で乗り切る。

 追加点が欲しい最終回の7回。越ヶ谷の攻撃は好調の6番小島から。快音を残すも、深く守る中堅手のグラブに収まる。7番小山、8番小倉も粘りを見せるも、塁に出ることはできず3者凡退で7回の裏を迎える。

 7回裏、草加東の攻撃。1点を守り切れば越ヶ谷の勝利。守り切りたい越ヶ谷は右翼に守備の良い浜田を入れ逃げ切りを図る。重圧のかかる中、続投の三村は先頭の相手4番打者に3-2から死球を与えてしまう。その後暴投と犠打で1死3塁の場面を迎える。内野は前進守備をかけ、何としても抑えたいこの場面で、三村が投じたこの日85球目。相手打者が打った打球は中堅手加藤の前にポトリと落ちる適時打となり、ついに同点に追いつかれてしまう。その後、何とか立て直したい三村だったが、7番、8番と連続で四球を与えてしまう。

1死満塁。

相手9番打者に投じた97球目。打ち返された打球は、今日幾度となく攻守を見せた遊撃手福田のもとへ。センター寄りの難しい打球を好捕し、倒れながら本塁へ送球。少し逸れた球に捕手小島が懸命に脚を延ばし、グラブを届かせようと試みるもボールは無情にもグラブの横をすりぬけてしまう。1-2、サヨナラ負け。越ヶ谷高校の「特別な夏」が終わりました。

  

3年生にとっては、越ヶ谷高校野球部として最後の日となってしまいました。毎年、いつかは来るこの日を、来ないでほしいと願っている気がします。また、今年は特別な戦いでもありました。空白の期間を乗り越え、全員で戦おうと最後までもがいてきた3年生。その姿は、後輩に十分伝わったのではないでしょうか。怪我と戦ってきた者、野球を続ける理由を模索した者、自分の役割を全うした者、チームの在り方を探し続けた者、それぞれのチャレンジは一人ひとりの大きな財産となり、越高野球部にとっての財産になっていくはずです。

 

最後まで野球を続けてくれた3年生14名

それを支えてくれた3年生マネージャー2名

本当にありがとう。

そして本当にお疲れ様。

 

後輩たちは、この「特別な夏」の記憶を忘れず、これから戦っていってくれるはずです。

 3年生も、猛暑の中で戦い抜いたこの「特別な夏」を自信に、これから立ちはだかるいくつもの壁に立ち向かって欲しいと思います。

 

応援していただきました保護者の皆様、OB・OGの皆様、関係者の皆様に対しては、感謝の気持ちでいっぱいです。3年生はまたこれから次の戦いに入っていきます。1・2年生もすぐに新チームとしての公式戦が控えています。皆様方の支えが大きな力になります。今後とも、越ヶ谷高校野球部をよろしくお願いします。

 

顧問 福島直史