少林寺拳法部からのお知らせ

少林寺拳法部 合同昇級試験会および合同練習会


    

  2018年4月1日、少林寺拳法部の新年度が始まりました。
 この日は、上尾の県立武道館にて、合同昇級試験と合同練習会が行われました。
 
  午前中は、昇級試験組と合同練習組に分かれての活動でした。
 昇級試験は、越ヶ谷高校の新2年生9名全員が合格しました。
 これで、自信を持って新しい年度をスタートできます。
 
  午後は、新2年生と新3年生の参加者全員が、4月29日(日)の県関東大会予選に向けて、
 演武の練習を行いました。県内の高校少林寺拳法部が集合し、よい交流の機会となりました。
 また、大学生の少林寺拳法指導者が来場して熱心に指導をしてくださり、普段とは違う視点から
 演武を練り直すことができました。有意義な一日でした。

  今年度も、越ヶ谷高校少林寺拳法部は活躍の場を増やせるように邁進して参ります。
 保護者の皆さま、OBの皆さま、および応援してくださる皆さま、変わらぬご声援をよろしく
 お願いいたします。

                                少林寺拳法部顧問 中里 

                          
 
  

少林寺拳法部 全国選抜大会



2018年3月24日〜26日、香川県坂出市で行われた、第21回全国高等学校少林寺拳法選抜大会に参加してきました。
男子自由組演武に2年生小倉・竹之内組、女子自由組演武に2年生安藤・高柳組、女子規定単独演武に1年生新井が出場しました。
あと一歩のところでしたが、残念ながら決勝へと駒を進めることはできませんでした。特に関西勢の高いレベルの技術を目の当たりにし、課題や反省点がしっかりと見えてきた大会となりました。
保護者の方や学校関係者の方に様々ご配慮頂き、感謝申し上げます。

 □大会の詳細は こちら をご覧ください。



新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
聞き慣れない部活ですが、少林寺拳法部(新3年生17名、新2年生9名で活動中)では、皆さんの入部を心待ちにしております。
平日(木曜日を除く毎日)の放課後と土曜日の午前中、食堂奥の格技場1階で活動しております。ぜひ見学に来てください。
2020年8月には地元埼玉・上尾市でインターハイが実施されます。3年生の暑い夏に全国入賞を目指してみませんか。

顧問:中里・瀬木


少林寺拳法部 高校大学合同練習会

2018年2月12日(祝)に埼玉大学で行われた高大合同練習会に参加してきました。
本校OBが主将を務める埼玉大学少林寺拳法部主催ということもあって,大学での活躍の様子も見守りながらの参加となりました。
現役部員も基本の大切さや人づくりの道という武道の大義に触れ,収穫のある一日となりました。
埼玉大学をはじめ,芝浦工業大学,東京電機大学,東洋大学,東京国際大学,城西大学の学生,監督の先生方にはお世話になりました。

なお,今月の練習は期末考査の関係で今週木曜日までとなります。3月の学力検査以降,今度は4月の大会に向けての練習が本格化してきます。3月末には全国選抜大会が控えています。
寒い中ですが,受験生のみなさんはベストパフォーマンスが発揮できるように,体調管理に気をつけてください。また,少林寺拳法部に興味がある方は,説明会の際にでも格技場にお越しください。

少林寺拳法部 草加大会で活躍

2017年11月12日(日)、草加市スポーツ健康都市記念体育館で草加市少林寺拳法連盟主催の大会が開催されました。
組演武では、2年生小倉くん・竹之内くんの組が激戦の有段の部で3位、段外の部では、1年生遠藤くん・朝比奈くんが2位、染谷くん・新井さんの組が3位、同じく、宮川さん・清水さんの組が3位という結果でした。
また、続く運用法(防具をつけての自由攻防)では、1年生の遠藤君が段外の部で2位、同じく1年生新井さんが3位となりました。有段の部では、2年生の筧田さんが3位、安藤さんが見事優勝を果たしました。
大学生も多く参加する中で、越高生の活躍が目立った大会でした。また、越高のOBや実習生も参加し、熱気あふれる大会となりました。
運営を担当された草加市少林寺拳法連盟の皆さんに御礼申し上げます。

顧問 中里・瀬木

少林寺拳法部 初段審査全員合格

11月3日、千葉県・船橋アリーナ行われたで少林寺拳法准拳士初段審査に2年生17名が臨みました。
前日の練習後まで、提出する宿題の見直しやこれまで習った技の総復習などに追われましたが、無事に全員が黒帯を締めることができました。見習いから始まり、1年7ヶ月に間に合計7回の審査をクリアーしての黒帯です。審査が終了し「合格」の声を聞いた瞬間、あちらこちらでホッとした笑顔(涙顔?)がこぼれました。
学科試験では4名の生徒が高得点をマークしたということで表彰されました。

最後のミーティングでは、形だけの黒帯にならず、「本当の強さ」を志向し、学校生活や今後の社会生活の中で「リーダー」を目指してほしいとのメッセージを伝えました。やっとスタート地点に立つことができたという謙虚な姿勢を忘れず、日々の修行に励んでほしいと思います。
なお、この場をお借りして、審査でお世話になった千葉県少林寺拳法連盟の先生方や、これまで部員を支えて頂いた保護者の方に、厚く御礼申し上げます。

また、来年度以降、現在中学生の皆さんとも、この感動を一緒に分かち合いたいと思います。受験生の方は体調と気力を第一に頑張ってください。

顧問 瀬木・中里