アーチェリー部からのお知らせ

アーチェリー部 国体関東ブロック大会結果報告

8月22日(土)から23日(日)にかけて、はらっパーク宮代で国体関東ブロック大会が開催されました。越ヶ谷高校からは少年女子の部で小林愛里(3年)が埼玉県代表として出場しました。



1チーム3名で構成され、72射合計点で競います。



結果は埼玉県少年女子2位で本国体の出場を決めました。
来月27日より和歌山で本国体が行われます。

インターハイに続き本国体出場を決めることができました。
練習は近射が中心。距離射ちは休日だけと決して恵まれた練習環境とは言えません。
それでも、「近射から全国で戦える」ことを部員たちが証明してくれている気がします。
与えられた環境の中で練習効果を最大限高めるため、試行錯誤しながら日々の練習に取り組んでいるからこそだと思います。
1.2年生も先輩の後に続きましょう!



埼玉県少年女子チーム 本国体出場おめでとう!

アーチェリー部 インターハイ結果報告

8月6日(木)より奈良県橿原市でインターハイが行われ、越ヶ谷高校からは3年の石井智と小林愛里が男女個人で出場しました。

橿原神宮が競技会場の近くにあり、前日に必勝祈願をしてきました。




6日には開会式と公式練習が行われ、7日から団体・個人戦予選ラウンドが始まりました。





予選ラウンドでは70mの距離を72射の合計点で競います。
石井と小林は最後の一射まで集中力を切らさず、全力でプレーしました。
連日にわたる猛暑の中、3年間の思いを矢にこめます。

結果は惜しくも予選敗退。上位64位までが決勝ラウンド進出できる中で、石井128位、小林79位という結果でした。
石井は今大会で引退です。小林は今月末に行われる国体関東ブロックに埼玉県代表として出場します。



大会後、「もう一度チャンスがあれば出場したい」と言葉を残していました。
各都道府県を勝ち抜いてきた選手の中でプレーできる喜びを体全体で感じている様子でした。

来年度は広島県でインターハイが開催されます。インターハイ県予選まで1年を切っています。
1年生・2年生の18名で必ずインターハイに出場しましょう。

横断幕は選手の保護者の方に作っていただきました。ありがとうございました。

アーチェリー部 新年スタート!@1月6日

1月6日(月)アーチェリー部が新年初めて集合しました。
といっても今日は練習ではありません。

まずは全員揃って大掃除!
射場にあるものを全て外に出して道具を磨きました。
1つ1つの道具を大切に扱うことで、道具に対する愛情も沸いてくるものです。
自分の道具はもちろんですが、共有している道具も丁寧に扱いましょうね。
それから男女に別れて部室の掃除もしました。
心機一転、練習にも一層気合が入りそうですね!

大掃除が終わると、部員が冬休み前から楽しみにしていた毎年恒例「餅つき」をしました!
もち米を炊くことからはじまり、部員で交代しながら餅つきをしました。
味は豪華に4種類。「黄粉」「あんこ」「砂糖醤油」「大根おろし」

  
     なかなか粒がなくならず苦戦中           つきたての餅に味付け

あれだけ量があった餅も部員全員で食べたらすぐに無くなってしまいました。
さすが高校生。食欲旺盛です。


  食べる!食べる!とにかく食べる!

練習は明日から始まります。
目標を高く持ちましょう。そしてその目標に向かって愚直に突き進みましょう。
全員の思いが1つになるとき、その目標は手の届くところにくるはずです。

2年生はこれからの大会すべてが最後の大会になってきます。
1年生は自分たちが中心となって部活を引っ張るときになってきます。

アーチェリーを通してどう成長していきたいか。

がんばりましょう!

アーチェリー部 第39回埼玉県室内アーチェリー大会@12月28日

12月28日(日)秩父市文化体育センターでインドア大会が行われました。
先日の埼玉県高校部インドア大会に引き続いて、今回の距離も18mです。

越ヶ谷高校からは1年生の小島宏之と田島郁哉の2名が出場しました。

結果は、

男子個人 第4位 小島宏之  第11位 田島郁哉

2人ともお疲れ様でした!

アーチェリー部 第14回埼玉県高校部インドア大会@12月21日

12月21日(日)上尾橘高校の体育館でインドア大会が行われました。
今までは70mを中心に大会が実施されていましたが、今回の距離は18m。
距離が近い分、的も小さいために相当な集中力が必要とされます。

越ヶ谷高校からは1年生と2年生、合計23名が大会に出場しました。

結果は、

男子個人 第8位 田辺涼夏
女子個人 第4位 小林愛里  第7位 山田梓

2年生の3名が入賞しました。

1年生も先輩の姿を見て、たくさん吸収して結果を出せるように頑張りましょう!