アーチェリー部からのお知らせ

南関東インターハイ

こんにちは、今年度より顧問となった後藤です。
よろしくお願いします。

久々の更新となりました。
これからは定期的に更新していきたいと思います。

さて、8月1~4日に千葉県市原市にてインターハイ(全国高校総体)が行われました。
男子個人では、埼玉県の豊岡高校が優勝することができました!
うれしいものです。
残念ながら、今回は越ヶ谷高校は出場することは出来ませんでした。

来年度のインターハイ開催地は奈良県です。
1・2年生ともに頑張って練習しています。
ぜひとも男女団体で出場したいものです。

晴れ 高橋孝之のアーチェリー日記

 こんにちは。顧問の高橋孝之です。
 今日は、月に一度のシュートフォームの画像チェック日です。
 
 
 
 ペアワークで動画をとり、生徒同士、生徒と顧問でシュートフォームのチェック、具体的に修正すべき点の確認などを行います。
 近頃の生徒は携帯、スマホ、i-podなど動画を取れるさまざまなツールを持っていて、こちらでビデオ等を用意しなくてもいいのでとても楽になりました。(当然普段の練習ではそのようなツールの射場への持込は禁止です)
 今月の宿題が来月のチェックまでに直っているでしょうか? 一朝一夕でシュートフォームが完成する訳ではありません。自分を客観的に見つめることで生徒は日々の積み重ねの大切さを改めて知ります。また、今バランスよくうつことができていても、定期考査や修学旅行などアーチェリーから離れる期間があるとどうしても変化してしまう部分が出てきます。そんな時のために、各自のシュートフォームを動画として残しておくことは非常に大切なことなのです。
 一人ひとりの質の向上が全体のレベルアップを促します。来月のチェックが楽しみです(^-^)b

晴れ 高橋孝之のアーチェリー日記

 顧問の高橋孝之です。
 11月18日に上尾橘高校で県の新人大会が行われました。午前中が個人戦を兼ねたランキングラウンド。午後が団体戦でした。
 
団体戦の模様①(男子)
団体戦の模様②(女子)
 
 結果は個人が男子のヤマダが優勝。女子はリノ、ナツミ、メイの3人がそれぞれ5位、6位、7位に入賞しました。
 団体は女子が3位入賞、男子が4位でした。
 
 
 結果は受け入れます。また、大会後の選手たちの笑顔も明日への活力です。思い通りにいかないことのほうが多いのがスポーツ&人生。そんな中、下を向かないこと、それが大切だことだと信じています。また頑張りましょう。
 最後にチームの勝利を信じて最後まで声をからして応援しくれた部員たち、本当にお疲れ様でした。男子上尾橘高校、女子大宮開成高校、優勝 ( -。-)スゥー・・・ ( ゜口゜)オメデトーー!!
 
 
 

晴れ 高橋孝之のアーチェリー日記

 こんにちは。顧問の高橋孝之です。
 11月10日、11日と前橋市北部運動場を会場にして、関東選抜大会が開催され、男子1名、女子2名が参加しました。
 
   
 
 
 結果は、男子は山田僚太が11位、山口梨乃が14位、児玉遥が48位でした。
 選手は強風にもかかわらず、最後までしっかりと集中力を発揮していました。その真摯な姿勢から、この経験が今後の競技力の向上につながることを確信しました。選手の皆さん、お疲れさま。
 また、この大会は3月に開催される全国選抜大会の埼玉県予選にもなっていました。ヤマダが見事埼玉県代表選手になりました。おめでとう。あと4ヶ月、きっちりハードワークして大会に臨みましょう。 

晴れ 高橋孝之のアーチェリー日記

 こんにちは。顧問の高橋孝之です。
 昨日は11月10、11日に行われる関東選抜大会に向け、経験を積ませるため横浜の大会に参加しました。
 コーチングの道具は双眼鏡、カメラ、メモ帳。気づいたことを双眼鏡をのぞきながらメモ(すぐ忘れるので)(^_^;) 客観的に見せたほうが分かりやすいと思ったら撮影。そしてシューティングラインから戻ってきた選手にお話。
 
 
 顧問「この写真どーよ?」   選手「……、弓が傾いてます」   顧問「左右でばらけるよ。次はそこを意識して打とう」   選手「はい」
 
 
 顧問「これ見て」   選手「……」   顧問「何か気づかない?」   選手「リリースがふくらんでます」   顧問「原因は? どうしてだと思う?」   選手「意識がなかったからです」   顧問「それよりも引き手の引き込みが甘くない?」   選手「……」  顧問「リリースの前にまずそこから意識してみて」   選手「はい」
 
 こんな感じで小春日和の秋の一日が過ぎてゆくのでした( ̄ー ̄)