軽音楽部からのお知らせ

軽音楽部より 「Garnet」が最優秀賞受賞!

2月7日、埼玉県高等学校軽音楽連盟が主催する軽音楽ルーキーズフェスが県内三会場で行われました。越ヶ谷高校軽音楽部からは、東地区・草加東高校のステージに「Garnt」・「un bread man」の2バンド及び、アコースティック弾き語りで「ミシマレイト」が出演しました。
このうち、Garnetが最優秀賞、ミシマレイトが奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!これからは同世代でも目標とされる立場になります。優れた作編曲センスを武器に、これからも素敵な楽曲を作っていってもらいたいと期待しています。また受賞こそ逃しましたが、un bread manも、これまで見た中でベストの演奏を披露してくれました。来年度以降の活躍がとても楽しみです。3バンドのメンバーの皆さん、お疲れ様でした!
出演バンドの詳細と曲目は以下のとおりです。

バンド名:Garnet
メンバー:小原(1年vo/gt)・田中(1年gt/vo)・肥沼(1年ba/vo)・有吉(1年dr/vo)
曲:my feeling for you(オリジナル曲、作詞:Garnet/作曲:小原)

アーティスト名:ミシマレイト(1年vo/AG)
曲:蜃気楼の街(オリジナル曲、作詞・作曲:三島)

バンド名:un bread man
メンバー:杉野1年vo)・松村(1年gt/cho)・清水(1年gt)・落合(1年ba)・岸(1年dr)
曲:桜花爛漫(KEYTALK

軽音楽部より Homo Sapiensが新人大会決勝にて奨励賞受賞

12月23日、埼玉県高等学校軽音楽連盟が主催する軽音楽新人大会決勝ライヴがESPミュージカルアカデミー地下ホールにて行われました。予選を勝ち抜いた15バンドが出演し、越ヶ谷高校軽音楽部からも「Homo Sapiens」・「Promenade」の2バンドが、優れた演奏を披露してくれました。
このうち、Homo Sapiensが奨励賞を受賞しました。奨励賞はグランプリ・準グランプリに次ぐ賞にあたり、受賞は大変な快挙です。おめでとうございます!県内でも代表的な高校生バンドに成長したことは、大変誇らしいことかと思います。また受賞こそ逃しましたが、Promenadeも全員1年生とは思えない気持ちのよい演奏をきかせてくれました。今後の活躍がとても楽しみになる大会でした。2バンドのメンバーの皆さん、お疲れ様でした!
出演バンドの詳細と曲目は以下のとおりです。

バンド名:Homo Sapiens
メンバー:永井(2年vo)・高野(2年gt)・茂垣(1年gt/cho)・山口(1年ba)・中込(1年dr)
曲:夜(オリジナル曲、作詞:永井/作曲:永井・高野)

バンド名:Promenade
メンバー:白坂(1年vo)・江原(1年gt/cho)・奥村(1年ba/cho)・有吉(1年dr/cho)
曲:僕に彼女ができたんだ(SHISHAMO)

軽音楽部より 2バンドが新人大会決勝ライヴ進出

去る11月22日、埼玉県高等学校軽音楽連盟が主催する軽音楽新人大会予選ライヴが県内各会場にて行われました。県内各校から全51バンドが集まり、うち15バンドが決勝ライヴに進出しました。
越高軽音楽部からは「Homo Sapiens」・「Promenade」の2バンドがエントリーし、見事両方とも決勝進出を果たしました。2バンド揃って上にいけるのは、大変な快挙です。2バンドのメンバーの皆さん、おめでとうございます!
出演バンドの詳細と曲目は以下のとおりです。

バンド名:Homo Sapiens
メンバー:永井(2年vo)・高野(2年gt)・茂垣(1年gt/cho)・山口(1年ba)・中込(1年dr)
曲:夜(オリジナル曲、作詞:永井/作曲:永井・高野)

バンド名:Promenade
メンバー:白坂(1年vo)・江原(1年gt/cho)・奥村(1年ba/cho)・有吉(1年dr/cho)
曲:僕に彼女ができたんだ(SHISHAMO)

Homo Sapiens

Promenade


なお、決勝ライヴは、12/23(祝)の12:30頃より、高田馬場ESPミュージカルスクール本館地下ホールで行われます。キャパシティ600人ほどの、大変広く音響のよいホールでの演奏です。一般にも公開しておりますので、保護者の方、同級生など、お誘い合わせの上ぜひとも応援にきてください。

笑う VIVA LA HISCHOOL 2015 入賞

連休中の5月3日、テレビ埼玉が主催するVIVA LA HISCHOOL 2015の決勝大会がさいたまスーパーアリーナTOIROホールにて行われました。
決勝まで勝ち残った本校代表バンド「埼玉女児」が出演し、審査員特別賞を受賞しました。
今回のライヴではカバー1曲、オリジナル1曲を演奏しています。出演バンドの詳細と曲目は以下のとおりです。

バンド名:埼玉女児
メンバー:直井(3年vo/key)・岡田(3年gt/cho)・細田(3年gt/cho)・矢島(3年ba)・高橋(3年Dr)
曲:場違いハミングバード(ユニゾンスクエアガーデン)・Get along(オリジナル)


なお、このライヴの模様は、
5/30(土)の20:00から、テレビ埼玉にて放映されます。ぜひご覧ください。
 →5/31(日)の誤りでした。大変申し訳ありませんでした。

軽音楽部 第2回高等学校軽音楽コンテスト

本校の軽音楽部が7月におこなわれた埼玉県高等学校軽音楽連盟主催の第2回高等学校軽音楽コンテスト予選大会に出場しました。
惜しくも県大会に進むことができませんでしたが、初出場を果たしたことは越高軽音楽部にとって、とても意味があることだと思います。
大会に出場した部員たちはもちろん、他の部員たちも来年の大会出場という新しい目標を持って部活動に取り組むことができるでしょう。
学校外で日ごろの活動の成果を発表する機会があるということは、越高生としての自覚とか誇りとかを意識することになります。他校の軽音楽部がどのように活動しているかを知ることで、高校生としての視野が広がります。これが規範意識の向上につながると考えます。
 
予選大会は落選しましたが、今大会に刺激を受けた志の高い部員たちが8月2日に尚美学園大学川越キャンパスでおこなわれた埼玉県大会(本選)を見学しました。
当日は電車の運転見合わせや遅延で集合が困難である中、開会式には全員がそろいました。
部員たちは審査員さながらに20校の演奏を真剣に聴いて各々で順位をつけていました。同じ高校生のレベルの高い演奏に刺激された部員が多くいたのが印象的でした。
グランプリは埼玉平成高校軽音楽部、準グランプリは朝霞高校ジャズ研究会でした。両校ともにオリジナル曲で大会に挑んでおり、越高軽音楽部にもオリジナル曲制作がおこるきっかけになるような気がして、大いに期待しています。
 
 
埼玉県大会表彰式の様子。審査員のひとりにはゴダイゴのタケカワユキヒデさん。
 
長時間にわたる大会でも、高校生として相応しい態度・服装で、みんな真剣に聴き、大いに刺激を受けました。
 
この大会で感じたことを部活動に活かそう!