【校長ブログ】ジェットコースター

  1955年(昭和30年)のこの日、日本初の本格的な「ジェットコースター」が設置された「後楽園ゆうえんち」が開園したということで、今日は「ジェットコースターの日」という記念日になっているそうです。
 この「後楽園遊園地」のジェットコースターは、当時、全長1500m、最高時速55kmであり、ジェット機にちなんで「ジェットコースター」という名前が付けられ人気となり、ジェットコースターという名称が、日本国内に一般的に使用されるようになったようです。

 ちなみに、「ジェットコースター(jet coaster)」は和製英語であって、正式な英語表現では「ローラーコースター(roller coaster)」です。国産初、日本で現存する最古のローラーコースターは、「浅草花やしき」のもので、1953年(昭和28年)に設置されたと言われております。

 小学生の頃、親に花やしきに連れて行ってもらいコースターに乗って楽しかった思い出があります。しかし、高校時代には物理の成績を表現するときに「ジェットコースターのようだ。」と自分自身や先生が使うことがよくありました。曰く80点近くから5点(100点満点ですが)まで勉強をしっかりとこなした時と出来なかった時の差が激しすぎて担当の先生から「成績が安定しないな。しっかりとやりなさい。」とよくお小言をいただきました。本物のジェットコースターは楽しいですが、成績のジェットコースターは回避しましょう。

 今、一学期の期末考査が終了してとりあえず、一学期の成績が19日にはいただけることとなります。もう二学期への戦略を立てている人もいるかもしれません。頑張りましょう!!

 さて、先週から今週にかけて市内の中学校で進路説明会を要請され、お話をさせていただいております。中三生は来るべき高校入試に向けて、目を輝かせながらお話を聞いてくれております。その時の気持ちに戻って(初心に戻って)高校生活を送れると成績向上が図れるかもしれません。
 市内の中学生の皆さん、夏休みは「高校受験」の天王山です。体調に気を付けてしっかりと中学校の勉強の復習に取り組みましょう。私のお話を熱心に聞いてくれて本当にありがとうございました。越高の素敵な先輩たちがあなた方をお待ちしております。

 又、本日は全日制の保護者の希望者の方がバスにて「大学見学ツアー」に行ってらっしゃいました。東京学芸大学と成蹊大学の2校でしたが、先ほど教頭先生からのご連絡では帰路に着いたとのことでした。一日お疲れ様でございました。中学生も高校生も、そして保護者の皆様もお子様方の進路に真剣な時期になり、熱い夏になってきております。越谷市は本当に暑いので、暑熱順化や避暑に努めていただきながら目標をクリアできるようにしてほしいと思うこの頃です。