野球部 夏大会結果報告

本日、第101回全国高校野球選手権大会埼玉大会2回戦(本校にとっては初戦)が行われました。試合経過と結果を御報告いたします。

 

主将櫻井がじゃんけんで勝ち、叡明高校が先攻、越ヶ谷高校が後攻で試合が始まりました。

初回、先発原田は先頭打者に安打を許し2番打者の犠打で12塁のピンチを招きますが、34番を打ち取り無失点で切り抜けます。その後、原田は3回まで制球よく落ち着いた投球で、相手打線を無失点で抑えます。対して攻撃は、初回は2死満塁、2回もチャンスを作りますが、得点できません。しかし、3回裏先頭の2番池澤が四球を選び、3番櫻井の犠打、4番中林の進塁打となるセカンドゴロで23塁のチャンスを作ると、5番峰が右前打を放ち、先制点を取ります。

 優勢で進めた序盤でしたが、グラウンド整備後の4回表、原田は先頭の2番打者を四球で出した後、3番打者の投ゴロの2塁送球が逸れ、無死1,2塁のピンチを背負います。次の4番打者に許した右前打の時に送球が逸れ2点を失うと、その後も長打と犠飛で2点を失い、この回4点を失います。6回には相手4番打者に本塁打を許し点差は4点に。攻撃は、毎回のようにチャンスを作りますが、あと1本が出ない展開。6回には好投の原田に代打大庭、7回には7番吉田に代打内山、8回には2番手で2回無失点と好投した北條に代え、代打武岡と、反撃を試みチャンスを作るも得点できず。9回裏、3番櫻井が意地の2塁打を放ちチャンスを作りますが、後続が打ち取られゲームセット。安打は相手を上回り、点差以上の接戦だったように思いますが、野球の難しさを感じる悔しい敗戦となりました。

 

結果

越ヶ谷 1 - 7 叡明  敗戦

 

投手 原田、北條、堀井 - 米窪                          

 

メンバー
記録員 立澤
ベンチ脇ボールボーイ 浅井

1右 石濱、2三 池澤、3四-六 櫻井、4左 中林、5一 峰、6中 藤原、7遊 吉田-打 内山-四 小倉、8捕 米窪、9投 原田-打 大庭-投 北條-打 武岡-投 堀井

ベンチ入り

3年 田口(ムードメーカー、野球博士)、小林(司令塔、道具博士)、瀧口(3塁コーチャー、トレーニング博士)、2年 小島、福田

応援団、サポート 
3年生 坂入、
2年生13人、1年生10

 

本当にお疲れ様。

 

 

球場に駆け付けてくださいましたダンス部、吹奏楽部、父母会、OB、関係者の皆様、盛大な応援ありがとうございました。相手に負けない声援が、ベンチにもたくさん届いていました。

3年生は引退となりますが、3年生の悔しい思いを後輩が必ず力に代えて頑張ってくれると思いますので、これからも温かいご声援よろしくお願いいたします。

顧問 福島直史