野球部 春季県大会結果報告

4月23日(火)所沢航空記念公園球場にて、春季県大会聖望学園戦が行われました。
試合経過と結果を報告します。

  聖望学園が先攻、越ケ谷高校が後攻で始まりました。
 初回、先発原田の立ち上がり。先頭打者を三ゴロに打ち取った後、四球で出した走者を相手の4番打者の二塁打で返され、先制されます。さらに6番打者にタイムリーを浴び合計2点を先制されます。しかしその裏、3番主将櫻井に左翼越えのホームランが飛び出し、1点を返しチームに勢いを与えます。2回の表、原田が立ち直り3者凡退に切って取り、追撃の流れを作り出します。その後は5回まで原田が粘投し、走者を出しながらも無失点で切り抜けます。原田の粘投に応え追撃したい打線ですが、相手投手のボールをなかなか捉えきれず、2回、5回に走者を出すものの追加点を挙げられません。前半は、どちらも追加点が挙げられず緊迫した展開となりました。

6回表、相手の攻撃で四球などから2死満塁のピンチを背負い、3番打者に2点タイムリーを浴びてしまいます。バッテリーのミスもあり、3点を奪われます。反撃したい越ヶ谷高校はその裏、先頭の藤原が四球を選び、この試合初めて先頭打者が出塁しますが、後続が倒れ反撃ならず。7回にも四球と代打内山の安打でチャンスを作りますが、あと1本が出ず点を取ることができません。7回以降は、堀井、北條の継投で1点に抑えますが、最後まで相手投手を打ち崩すことができず試合終了。1-6で敗戦となりました。

 

初回に2点を取られた後、櫻井の本塁打でベンチもポジティブにいい雰囲気になりました。しかし、その雰囲気だけでは勝てないのがシード校。「やれる!」という収穫と「まだ足りない」という課題を感じた試合だったように思います。ミーティングでの選手たちの悔しさがにじみ出た表情を見ると、何かこみあげてくるものがありました。この夏のさらなる躍進へ!!この悔しさを糧に、選手たちは絶対にもっと強くなると確信しています。

 

 応援いただいた大勢の父母会の皆様、また関係者の皆様、越ヶ谷高校の春季大会は終了しましたが夏に向けて日々さらに精進していきますので、一際暑い夏となることを御期待ください。

4月23日(火)所沢航空記念公園球場
越ヶ谷 1 - 6 聖望学園

顧問 福島 直史