少林寺拳法部活動報告

少林寺拳法部 昨年度から5月末までの活動報告(その1)

更新がなされておりませんでしたので、順次遡って活動報告をいたします。
3月23日(土)~3月25日(月)香川県善通寺市で行われた全国選抜大会に出場して参りました。
昨年11月の県新人大会、及び関東選抜大会から勝ち上がった以下の選手が出場しました。

男子規定単独演武:関口晶太
女子規定単独演武:岩上明里
女子規定単独演武:富田里佳
女子規定組演武:藤原菜月・村田結衣
女子自由組演武:新井七葉・菊地未峰

   
  

関口、岩上、富田、藤原・村田組は大会2日目の本選に勝ち上がり、そのうち2組が、何と入賞を果たしました。全国大会での入賞は当部活の史上でも大変名誉なことです。今回は、全国2位、全国5位を勝ち取ることが出来ました。

男子規定単独演武:関口晶太 第5位
女子規定単独演武:富田里佳 第2位



女子自由組演武の新井・菊地組(上級生)は残念ながら予選敗退でしたが、今回の悔しさを胸に、次は高校総体(インターハイ)を目指します。


入賞者も、入賞を果たせなかった選手も更なる成長を誓って今大会を終えました。
また、この度、越ヶ谷高校少林寺拳法部は、連盟本部より継続20周年の表彰を
受けました。20周年の節目として、今回のような結果を残せたことにも感謝です。

保護者、関係者の皆さま、これからも応援のほどよろしくお願いいたします。
(近日中にその2をアップします。)
                               顧問:中里