少林寺拳法部 関東選抜大会結果

12月23日(日)に、東京武道館において関東選抜大会が行われました。

越ヶ谷高校少林寺拳法部では、先の(11月18日)県新人大会にて出場資格を
得た6組(女子自由組演武1組、女子規定組演武1組、女子規定単独演武2組、
男子規定単独演武1組、女子団体演武1チーム)の、のべ9名が出場して参りました。

競技の説明をしておきますと、組演武というのは、二人で予め約束した技の攻防を
行い、その正確度や動きの切れ、武の技としての完成度を競います。(いわゆる約束組手)
規定と自由の差は、規定が定められた技で演武を始めるものであり、自由は資格(段位)に
応じた技で始めればよいというものです。
単独演武は、相手を想定しながら一人で技を繰り出します。(いわゆる単独型)
団体演武は、6人1組で、単独演武と組演武を組み合わせて行います。
いずれも100点満点で採点し、高得点を出した選手が上位となります。

今回は、参加選手の競技レベルが拮抗しており、点数の差が開きづらい大会
でした。そんな中でも、越ヶ谷高校の出場者は結果を出してくれました。
参加選手全員が入賞を果たしました。 
どの選手もこの日まで腐心して練習を積んできており、よい成績を残せたことに歓喜していました。
団体演武は惜しくも枠に届きませんでしたが、女子自由組演武、女子規定組演武、女子規定単独演武、
男子規定単独演武で出場した5組、計7名は3月に行われる全国選抜大会に出場して参ります。
また一段と修練を積み、全国レベルで競えるように精進して参りたいと思います。
応援して下さった保護者の皆さま、OB・OGの方々、ありがとうございました。

 大会結果
   男子規定単独演武の部 第2位 関口 
   女子規定単独演武の部     優勝   富田
              第7位 岩上
    女子規定組演武の部 第5位 藤原・村田組 
    女子自由組演武の部 第3位 新井・菊地組 
     女子団体演武の部 第8位 谷口・篠崎・富田・藤原・村田・岩上 
          少林寺拳法部顧問 中里・長洞