少林寺拳法部 初段審査全員合格

11月3日、千葉県・船橋アリーナ行われたで少林寺拳法准拳士初段審査に2年生17名が臨みました。
前日の練習後まで、提出する宿題の見直しやこれまで習った技の総復習などに追われましたが、無事に全員が黒帯を締めることができました。見習いから始まり、1年7ヶ月に間に合計7回の審査をクリアーしての黒帯です。審査が終了し「合格」の声を聞いた瞬間、あちらこちらでホッとした笑顔(涙顔?)がこぼれました。
学科試験では4名の生徒が高得点をマークしたということで表彰されました。

最後のミーティングでは、形だけの黒帯にならず、「本当の強さ」を志向し、学校生活や今後の社会生活の中で「リーダー」を目指してほしいとのメッセージを伝えました。やっとスタート地点に立つことができたという謙虚な姿勢を忘れず、日々の修行に励んでほしいと思います。
なお、この場をお借りして、審査でお世話になった千葉県少林寺拳法連盟の先生方や、これまで部員を支えて頂いた保護者の方に、厚く御礼申し上げます。

また、来年度以降、現在中学生の皆さんとも、この感動を一緒に分かち合いたいと思います。受験生の方は体調と気力を第一に頑張ってください。

顧問 瀬木・中里