少林寺拳法部 大学合同練習

  8月29日(土)に立教大学新座キャンパスにて、立教大学少林寺拳法部の皆さんと
合同練習を行いました。

  大学生の皆さんの練習は、終始メリハリがあり、時間の使い方に無駄がないという
印象です。練習合間の小休止中にも上級生にアドバイスを求めたり、首座(少林寺拳法
では、全体の前に立って練習の指揮を取る者を首座と言います。)の動きを見ながら自ら
声を張り上げて全体を鼓舞したりとそれぞれが自分の役割を把握し、主体的に行動して
いました。 是非とも今後の参考にさせて頂きたいと思います。 立教大学の皆さん、暖かく
迎えてくださり、ありがとうございました。生徒も夏の終わりによい経験をすることができました。

                                    少林寺拳法部顧問 瀬木 中里


  練習後、立教大学少林寺拳法部の皆さんと(最前列が越ヶ谷高校少林寺拳法部生徒)