少林寺拳法部 平成28年度学総大会報告

 4月25日(日)に県立小川高校で行われた学総大会に出場して参りました。

特に3年生は、結果次第で引退というこの大会に向けて一生懸命に練習を積んでいました。

男子は組演武の部で3年生の伊原、荘司組が激戦の中、本選に勝ち上がり、念願の入賞を果たしました。

6月に行われる関東大会の出場権も得られたので、もうしばらく部活に明け暮れる日々が続きます。

    

また、団体演武にも出場しました。
こちらに出場したのは3年生の伊原、荘司、2年生の杉田、富永、柴田、手塚、松崎の生徒達です。

まだ出場枠が空いているから・・・という話を頂き、それを受けて出場を決めたのが大会1週間前ということも
あり、不安はありましたが、息のぴったり合った演武を披露していました。ここに至るまで、それぞれが組演武
や単独演武の練習と掛け持ちしながら、突き詰めた練習をしていました。その成果は十分に発揮できました。
     

女子も活躍してくれました。
単独演武の部で2年生の木内、塚本がそれぞれ4位、6位に入賞し、関東大会出場を決めました。

次の大会に向けて、更なるレベルアップが求められます。

 大会結果: 男子組演武の部    3年生 伊原、荘司組  第6位入賞 (関東大会出場決定)

         女子単独演武の部    2年生 木内 第4位入賞 (関東大会出場決定)
                        2年生 塚本 第6位入賞 (関東大会出場決定)


今大会に向けて、特に男子はよく団結して修練を積むことができました。
今後、部活内では幹部交代で3年生が一線を退き、2年生が中心となりますが、ここまでのよい流れを
是非継続させ、より充実した部活動にしていってほしいと思います。         (顧問:中里、瀬木)