サッカー部 夏合宿(in 長野県小川村)

7月28日(土)~31日(火)の3泊4日、長野県上水内郡小川村にて夏合宿を実施してきました。

初日は台風の影響もあり、強い雨が降る中での出発となりましたが、長野県に近づくにつれ雨も弱くなり、予定通りの練習メニューを行うことができました。その他の日は天候にも恵まれ、素晴らしい天然芝のグラウンドと涼しい気候の中で質の高い練習を実施することができました。また、宿の皆さんの温かいおもてなしのおかげで練習に集中することができました。4日間、大変お世話になりました。ありがとうございました。

朝の山道でのランニングから始まり、午前と午後の2部練習、そして夕食後のミーティングとハードな1日をこなしていく中で選手たちは肉体的にも精神的にも成長することができました。今回の合宿のテーマである「コミュニケーション」を選手たちは意識し、同学年に限らず、先輩や後輩にも積極的に話しかけている姿を多く見ることができました。ピッチ内外においてコミュニケーションを積極的に図ることでチームとしての「一体感」が少しずつ高まってきたように感じました。また、3年生は受験生という自覚を強く持ち、練習で疲れているにも関わらず、空き時間を利用し、よく学習に取り組んでいました。その努力はこれから始まる選手権や受験に必ず実を結ぶことと思います。
今回の合宿で高まってきた「一体感」をさらに向上させ、8月26日から始まる高校サッカー選手権大会に臨んでいきたいと思います。そして、必ず2つ勝って10月の決勝トーナメント進出を決めたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、父母会の皆様、保護者の皆様、合宿に際しましては差し入れ等さまざまな面でご協力をしていただきまして、ありがとうございました。

<練習>










<紅白戦>












<朝練習>




<ミーティング>






<リハビリ組&マネージャー>








<食事&バーベキュー>












<その他>






<集合写真>