【女子サッカー】選手権大会1回戦

 冬に行われる全国高校女子サッカー選手権大会につながる埼玉県大会の予選が始まりました。コロナ禍の中での開催にご尽力いただいた先生方や、活動にご理解いただいている保護者の方々、会場校として場を提供してくださった学校の先生方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 本校女子サッカー部は1回戦を8月27日(金)に行ってきました。相手は日高・新座・鳩山の3校合同チームでした。気温や湿度が高く、太陽も強く照り付け、非常に厳しいコンディションの中試合が行われました。まずは。立派に戦い抜いた両校の選手たちを褒めたいと思います。よく頑張りました。

 試合内容は、合同チームさんの勢いに押され、前半のうちにミスから失点してしまい、苦しい展開からスタートしました。しかし、ここ1番での気持ちの強さを本校の選手が徐々に発揮し始め、後半から盛り返していきました。試合終了5分前に、相手のミスを見逃さずに1点を返すことができ、なんとか執念で引き分けに持ち込みました。選手たちが一丸となって気持ちでもぎ取ったような同点弾でした。

 延長戦はなく、PK戦に突入しました。もちろん技術もありますが、運の要素も大きいと感じるPK戦、選手には思い切り蹴ってくるように伝えました。結果として、蹴った全員がゴールを決める素晴らしいキックを見せ、6-5で勝利することができました!!

 まだ県ベスト32の段階ですが、次は2回戦を8月30日(月)に庄和高校さんと対戦します。今回の試合で見せたような気持の強さを見せて、堂々と戦ってきて欲しいと思います。無観客試合にはなりますが、どうか遠くからご声援を送っていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

                  

 

 

 

 

 

 

 

↑PK戦直前の様子。緊張感がありました。

 

女子サッカー部顧問 和田