【男子テニス部】関東大会報告

8月11日~13日の間、千葉県白子で関東公立高校テニス大会に参加してきました。
1日目は予選リーグを戦い、2日目は予選リーグの順位ごとにまたリーグに分かれて戦いました。

1日目
越ヶ谷高校は初日のリーグ戦で幕張総合(千葉)・桐生(群馬)・下妻第一(茨城)と対戦しました。結果、2勝1敗で予選2位となり、2位リーグへ駒を進めました。

予選リーグ結果
4-1 桐生
5-0 下妻第一
1-4 幕張総合


2日目
2位リーグに臨んだ2日目、都立選抜A・太田(群馬)・八千代(千葉)と同じグループになりました。
予選よりも力の差が少ないため、接線が予想されました。
予想通り、全15試合中、4試合がタイブレークまでもつれるなど、ギリギリの戦いが続きました。結果、マッチポイントを握りながらも勝ちきれない試合がかさみ、0勝3敗で2位リーグでは4位という結果でした。

2位リーグ結果
1-4 都立選抜A
2-3 太田
2-3 八千代

最終結果としては、関東8位という結果でした。
初出場ながら、ベスト8まで進み、選手たちもよく頑張りました。

関東大会結果は以下のURLから御覧になれます。
http://www.chiba-hs-tennis.com/public/2017/kanto/index17.html

関東という高いレベルの学校と試合をし、選手たちも現状の課題を突きつけられる場面も多かったですが、それと同時に通用した部分に手ごたえと自信を感じた場面も多かったです。
この経験を糧に、今週末から始まる新人戦でまた好成績を残せるよう、テニス部一同一生懸命練習に励んでいきます。