弓道部 8月の活動報告 その1(合宿)

こんにちは!越ヶ谷高校弓道部顧問の桐原と申します。

8月の3日~8日の4泊5日で長野県にある神津道場に合宿に行って参りました。
その様子をお伝えします。
(HPの仕様変更の関係で報告が遅くなってしまいました。申し訳ありません。)


朝、8:30ぐらいに学校を出発しお昼過ぎに到着しました。
この頃は、越谷が最高気温が37℃が続いているような気候でしたが、神津道場周辺は猛暑と感じることは無く、
むしろ、朝方は布団をかけていないと寒いぐらいの気候でした。
昼間も”暑いな”と感じる程度のとても良い環境でした。


神津道場での練習は2つの道場で分かれます。
上道場は主に2年生が練習をし、神津先生が指導してくださいます。
下道場は主に1年生が練習をし、巻き藁と的前練習をする場所として使いました。
どちらも6的の非常にきれいな道場です!


さて、練習の初めには全員で集まって、神津先生のお話を聞きます。
礼儀についてや、中たりについての話も聞きました。

 

上道場では、ひたすら立ちを組んで弓を引きました。
神津先生がいらっしゃるだけで、生徒たちも緊張していましたが、逆に良い緊張感の中で練習することが出来ました。

下道場では、合宿序盤はひたすら巻き藁をして、合宿中盤からは的前に移行しました。
巻き藁スペースもしっかりとってあるので、学校とは違い、量をこなすことができます。
1時間ごとに休憩を挟みながらひたすら引き続けていきます。


1年生はこの合宿で初めて的前に立つ生徒が多いので、初中たりはほぼこの道場で経験します。
初中たりがあると、周りの仲間が拍手をして迎えてくれます。
地道な練習を続けてきたことが報われる瞬間です。


2・3・4日目は朝6時起床で掃除、朝食、午前練習、昼食、午後練習、夕食、夜練習、就寝と自由時間は食事の前後にちょろっとあるぐらいでひたすら弓しか見えない環境です。


4日目の夜には射詰を行いました。
2年生全員で1本競射を行い、上位数名がお菓子をゲットしました。
普段はコンビニなどにすぐにお菓子を買いに行くことが出来ますが、コンビニなど近くにない状態なので、シュークリームやクッキーが貴重なものに見えたことかと思います。

こういった何でもない射詰でも緊張するので、普段からも緊張感をもって練習に取り組めると良いですね。


最終日は、午前練習を早めに切り上げて大掃除を行います。
各担当が道場に来た時よりもきれいな状態まで掃除を行いました。

普段と違う環境、かつ合同合宿のため普段と違うメンバーだったため、やり方も意識も違います。
互いを尊重しながら協同することを学ぶ良い機会になりました。


最後は、神津先生から励ましの言葉を頂いてバスに乗り込みました。
越ヶ谷高校に到着すると、”日常”というワードが各々の頭に浮かんだかと思いますが、
これまでの日常と、合宿で成長した状態で見る日常を比べると大きな違いがあったかと思います。

 

これからもどんどん成長していきましょう!
頑張れ越ヶ谷高校弓道部!これからも応援をよろしくお願い致します!