アーチェリー部 インターハイ結果報告

8月6日(木)より奈良県橿原市でインターハイが行われ、越ヶ谷高校からは3年の石井智と小林愛里が男女個人で出場しました。

橿原神宮が競技会場の近くにあり、前日に必勝祈願をしてきました。




6日には開会式と公式練習が行われ、7日から団体・個人戦予選ラウンドが始まりました。





予選ラウンドでは70mの距離を72射の合計点で競います。
石井と小林は最後の一射まで集中力を切らさず、全力でプレーしました。
連日にわたる猛暑の中、3年間の思いを矢にこめます。

結果は惜しくも予選敗退。上位64位までが決勝ラウンド進出できる中で、石井128位、小林79位という結果でした。
石井は今大会で引退です。小林は今月末に行われる国体関東ブロックに埼玉県代表として出場します。



大会後、「もう一度チャンスがあれば出場したい」と言葉を残していました。
各都道府県を勝ち抜いてきた選手の中でプレーできる喜びを体全体で感じている様子でした。

来年度は広島県でインターハイが開催されます。インターハイ県予選まで1年を切っています。
1年生・2年生の18名で必ずインターハイに出場しましょう。

横断幕は選手の保護者の方に作っていただきました。ありがとうございました。