未来を拓く「学び」プロジェクト シンポジウム

16日(土)、戸田市文化会館において、埼玉県と東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が主催する「未来を拓く『学び』プロジェクト」シンポジウムが開催されました。同シンポジウムに本県をはじめ、23他都道府県を含む、総勢700名を超える教職員が参加しました。
このシンポジウムは、これから求められる学力(思考力・判断力・表現力)の育成を目指して、「知識構成型ジグソー法」という1つの授業の型を使って、生徒1人ひとりが自分の頭で考え、仲間と考えを比較吟味しながら、より良い答えを作っていく協調学習の成果研究発表会です。
そのような中、本校教職員4名が教科分科会において、実践報告しました。
その様子を掲載します。