2016年7月の記事一覧

高校野球選手権埼玉大会結果報告

 7月17日(日)に市営大宮球場にて鷲宮高校と対戦しました。試合は初回に4点、二回に1点を先行され、苦しい展開となりました。何とか反撃したい越ヶ谷は四回に中村(亮)のタイムリーで1点を返します。その後もランナーを出し、チャンスを作るものの、あと一本が出ません。エース渡辺は三回以降立ち直りを見せましたが、鷲宮打線はコツコツと得点を重ね、七回にランナー二,三塁からタイムリーを浴び、コールドゲームとなりました。悔しい敗戦となりましたが、三年生は最後まで諦めることなく戦い抜いてくれました。これから三年生は自分の進路を決めるという新たなチャレンジが始まります。まずは体を休めて、今までチームのために使ってきた力を今度は自分自身のために発揮してほしいと思います。

3回戦 越ヶ谷高校 対 鷲宮高校   1 対 8 (7回コールド) 敗退

応援していただいた後援会・父母会・OB・地域の方々、また越ヶ谷高校から応援に駆け付けてくれた吹奏楽部、ダンス部、男女サッカー部のみなさん本当にありがとうございました。みなさんの応援が選手を後押ししてくれていたと強く感じました。新チームは早速明日から練習が始まります。チームとして一からの再出発となりますが、今まで以上に頑張りますので引き続き応援、よろしくお願いいたします。
顧問 白子 敦

高等学校野球選手権埼玉大会初戦結果報告

 7月13日(水)に、高等学校野球選手権埼玉大会初戦を迎え、県営大宮球場にて国際学院高校と対戦しました。小雨がぱらつく中で、プレーボールとなり蒸し暑い中での試合となりました。エース渡辺は序盤、雨の影響か、制球が定まらない場面もありましたが、徐々に調子を上げていき、相手打線を8回まで0点に抑えました。
 打線は、3回に4番立木のタイムリーで1点を先制します。しかし、その後もチャンスを作りますがあと1本がなかなか出ません。その重苦しい空気を変えたのが1年生の酒井でした。6回のチャンスに代打で出場すると、初球を力強く振りぬき、右中間を破る三塁打を放ちました。その後、奥島にもタイムリーが飛び出し、6回に待望の追加点を挙げました。試合はその後さらに1点を追加しますが、9回に2点を返されてしまいます。なおもランナーを背負うピンチでしたが、最後は再登板した渡辺がしっかりと締め、4対2で勝利しました。

2回戦(初戦) 越ヶ谷高校 対 国際学院高校   4 対 2  勝利

応援していただいた後援会・父母会・OB・地域の方々、また越ヶ谷高校から応援に駆け付けてくれた吹奏楽部、ダンス部のみなさん本当にありがとうございました。雨の中、最後まで声援を送っていただき、選手も励まされました。次は7月17日(日)市営大宮球場にて鷲宮高校との対戦となります。暑くなると思いますが、チーム一丸となって戦いますので応援よろしくお願いいたします。
顧問 白子 敦