女子サッカー部からのお知らせ

女子サッカー部 活動報告

 更新が滞っておりましたが、少しさかのぼりながら活動報告を書かせていただきます。

 

 2020年12月28日(月)に宮代高校さんと練習試合をさせていただき、クロスからの攻撃の形が何回か見られるようになりました。新人戦大会に向けて課題と得点の形が見えようになった矢先、1月から緊急事態宣言によって部活動ができなくなり、新人戦大会自体も中止になりました。

 宣言解除に伴い、3月中旬から対策を行いながら徐々に活動を再開していきました。部員たちは部活動中止期間も、個人で最低限のトレーニングはしてくれていたようで、練習再開もスムーズに行うことができました。

 3月25日(木)には宮代高校さんにお世話になり、久しぶりの練習試合を行いました。蓮田松韻高校さんからも2名選手をお借りして、11vs11の試合を25分×4本実施しました。宮代高校さんの迫力のある攻撃に押される場面もありましたが、セットプレーから得点したり、速攻から決定機を作ったりと、少し攻撃の形が作れたように思います。

 3月31日(水)には庄和高校さんにお世話になり、普段より少し狭いコートで8vs8の練習試合を30分×4本実施しました。普段とは違ってより速い展開でゴールへとつながるため、見所が多い試合となりました。攻撃の形をいくつか作れたため、手ごたえも感じましたが、決定機を外す場面も多く課題も見つかりました。

 また、守備では1対1の場面ではがされる場面も多く、そこにも課題を感じました。

 

 新年度に入り、学校総体に向けて練習に取り組んでいます。新入生の入部を心待ちにしております。

宮代高校練習試合での一コマ。ピンクのユニフォームが越ヶ谷高校です。

女子サッカー部 活動報告

 12月20日(日)に庄和高校さんにお邪魔して、庄和高校さんと35分×3の練習試合を行わせていただきました。本校は庄和高校さんから選手をお借りして、なんとか10人で試合を行うのがやっとでした。しかし、1月から始まる新人戦も、10人で戦わなければならないのは同様なので、その予行演習も兼ねて行いました。

 庄和高校さんの選手の技術や迫力のある攻撃に、失点を多く重ねてしまいました。守備の部分でも課題が見えてきたので、新人戦に向けて修正の余地はあると感じました。しかし、攻撃に関しては、10人でもカウンター攻撃や速攻を効果的に繰り出すことができ、1年生の選手に初ゴールも見られ、良い場面をたくさん作りだすことができました。

 今後は守備の部分を修正しつつ、攻撃的で積極的に点を取りに行くサッカーに磨きをかけていきたいと感じました。今後もよろしくお願いいたします。

 

 女子サッカー部顧問 和田

 

女子サッカー部 活動報告

 11月8日(日)に蓮田松韻高校さんにて、11月14日(土)に庄和高校さんにて練習試合をさせていただきました。どちらの練習試合とも、チーム事情により9人での練習試合を行ったり、相手校の生徒さんをお借りするなどの試合を行わざるを得ない状況でした。しかし、蓮田松韻高校さんとの試合では勝利を収めることができたり、庄和高校さんや久喜高校さんとの試合では先制点を挙げたり粘って引き分けに持ち込むなど、奮闘しました。

 試合を重ねるごとに生徒のレベルは向上しており、防戦一方ではなく攻撃の形もいくつか作れるようになってきました。考査期間に入り全体練習はできなくなりますが、新人戦が迫ってきているので、12月からの活動も頑張っていきたいと思います。

 

 女子サッカー部顧問 和田

 

女子サッカー部活動報告

 10月24日(土)に蓮田松韻高校にお邪魔して練習試合を行いました。25分3本の練習試合を、蓮田合同チームさん、浦和西高校さん、南稜高校さんと行わせていただきました。どのチームも強いチームで、本校は人数が少ない中での試合もありましたが、蓮田合同チームさんに2対1、浦和西高校さんに1-0、南稜高校さんに0-1と健闘しました。

 修正点は多々ありますが、夏場よりも確実に選手の技術の向上が見られたのは収穫でした。また、強豪相手にも自分たちは戦えることを証明できたことも収穫です。

 涼しい季節になってきて、動きやすくなってきました。ケガには気をつけて、さらにレベルアップし、新人戦を迎えたいと思います。会場を提供してくださった蓮田松韻高校さん、対戦してくださったチームの皆様、ありがとうございました。

 

 女子サッカー部顧問 和田

 

女子サッカー部 新チームで初の練習試合

 10月4日(日)に叡明高校さんにお邪魔して、30分×3本練習試合を行ってきました。

 選手権予選の敗退をもって3年生が引退し、1・2年生の新チームで臨む初の練習試合になりました。現状では10名しか部員がおらず、厳しい状況でしたが、来年度1年生が入部してくるまではこの体制でやることになるので、運動量を増やして頑張りました。

 フォーメーションなども3本のうち2本は部員に考えさせ、生徒主体で臨む練習試合とすることができました。そして、どの試合も安定したゲーム運びを見せ、相手陣内で多くプレーすることができました。3本目の試合では距離のあるフリーキックを直接ゴールに決めるスーパーシュートもあり、3本トータルして1-0で終えることができました。

 まだまだ修正点はありますが、2年生中心に試合中も声が絶えない良い雰囲気でサッカーをすることができ、今後の成長が楽しみな新チームの出発になりました。今後も応援よろしくお願いします。また、叡明高校女子サッカー部さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 女子サッカー部顧問 和田